青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ダサインのプログラム

 明日から長いビダ(休み)に入るので、今日は休み前の最後の授業だ・・・ と思いながら教室に向かおうとすると、他の先生方が私を呼び止めます。「今日は教える必要ないから、行かなくていいよ」えっ???じゃあ、今日は何をするんだろう・・・
 10年生がダサインのプログラムとして踊りや歌の披露をするとは聞いていて、私を含め先生方に招待状をくれていたのですが、全くの授業時間で、その間、他の学年は普段通り授業をするのだとばかり思っていたら、どうやら他の学年の子ども達もみんな、そのプログラムを見るらしいということがわかりました。校庭にステージ飾りをしたり観客席の椅子を並べるのも全て10年生。先生達は職員室でお喋りしながら待っています。
b0239629_21244182.jpg

 午前11時開始と招待状に書いてありましたが、ステージが整い、衣装の準備も終わり、会が始まったのは午後12時半前(^^; ネパール時間だなぁと思いもしましたが、司会を務める10年生の女の子は予定通り始められないことを気にして涙を流していて、この感性をぜひ持ち続けて欲しいなぁと心の中で願ってしまいました。ダサインは国民全てがお祝いする大きな祭とあって、会の始めには全員起立の上、国歌斉唱もありました。
b0239629_3295022.jpg


b0239629_3332517.jpg

 校長先生や10年生代表の挨拶の後、ダンスを披露するグループが次々に出てきます。
b0239629_21271422.jpg


b0239629_21283857.jpg


b0239629_21291698.jpg

 素人の私が見てもダンスが上手だなぁと思える子の評判は誰もが知っているらしく、その子の名前がコールされるだけで、会場がどよめき歓声があがります。ダンスに合わせた手拍子も、他のグループへのそれとは全く違うほどで・・・(^^;
 
 でも、そんな時に音楽の電源が切れるんです! ネパールでよく起こる停電です。先生方も協力して、すぐに発電機を取り付けるものの、軽く10分は経過してしまいます。 おまけに発電機を通した音源から途中で煙まで上がるというアクシデントまで起こり、なかなかプログラムは予定通りにはすすみません。が、じ~っと待つ小さな子ども達。
b0239629_21294072.jpg


b0239629_21301011.jpg


b0239629_21303582.jpg

 こんな10年生の働き振りを見て、プログラムの進め方を覚えていくんだろうなぁと思いました。

 日本の小学校では運動会が行われている時期でもあります。運動会には計時係があって、どのプログラムが何分かかったかを計ってるなぁ・・・と、ここでも日本とネパールの違いを考えさせられました。そうそう、運動会と言えばドキドキの放送係。指定された音楽を間違うことなく流すことはもちろんのこと、どのタイミングで音を出し、どのタイミングで消すかまで細かいお願いをしてしまっているので、放送係の先生方は一時たりとも気が抜けません。

 さて、ネパールの放送係の10年生。用意してある音楽を片っ端から頭出しして、ダンスの子が「あっ、それそれ」って合図したら始まってます。この大らかさも時には必要なのかもしれませんね。・・・と言いながら、毎年超細かい音出しのお願いをしていたのは私ですね(^^;すみません。
[PR]
by yuka151a | 2011-09-27 21:22 | 学校・子ども