青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

またも カシ コ マス(^^;

 今日は朝ご飯をご馳走になりに、ビナミスの家に行きました。「9時半に来てね」と昨日誘われていたので、9時半に着くように行ったのですが・・・ 早かったみたい(^^; 日本人は、時刻表通りに電車やバスが来るのが当たり前と思ってしまいますが、外国では時刻表なんて、あってないようなものだと聞いたことがあります。ネパール時間はもっと悠長で、言われた時刻通りに行くとびっくりされることさえあるみたいです。

 まだご飯が炊けていなかったようで、「しばらくテレビ観てて」とのこと。流れてくるのはネパールの放送とインドの放送。ネパールではインドの番組がたくさん流れるので、いつの間にかインドの言葉もできるようになるのだそうです。ネパール人いわく「言葉は似てる」とのことなんですが、ネパール語がまだまだ未熟な私には、今、どちらの国の番組が流れているのかさえわかりません(^^「テレビを見るのも、いい勉強になる」とネパール語の先生に言われたのですが、テレビは高価で手が出せません(^^; 

 ビナミスのネパリカナ(ネパール料理)は、少しあっさりめで美味しかったです。同じネパリカナ、カシの肉でも、それぞれの家で違った味になるんだなぁ・・・と思いました。
b0239629_1334539.jpg


 夜は大家さんの家で「セルロティー」を作るお手伝い。といっても、私は薪をくべる仕事、同期の友だちは火の近くで作業をするお母さんに風を送る仕事(^^;
b0239629_1345577.jpg


b0239629_1362964.jpg


b0239629_1371739.jpg


b0239629_137533.jpg

 ネパールでは他人が触った食べ物は口にしないという風習があるそうなので、むやみに手が出せません。もちろん、セルロティー作りは難しくて、できないってこともあるんですけどね。大家さんの家のお嫁さんが、明日セルロティー100個持って実家に行くということで、お母さんはなんと4時間近くもかかってセルロティーを作られたのでした。揚げたてのセルロティー、美味しかったです(^^)
[PR]
by yuka151a | 2011-10-05 20:31 | 文化・生活・食べ物