青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

黒板の文字

 今日もやっぱり3年生の算数は私だけ(--; 今日は10人組で練習させてみました。今日の出席は21名だったので丁度いい!ノートを見ないで言える子が3人しかいない7の段を練習したのですが、10人で言うので一人一つ覚えればいいわけです。(ネパールでは〇×10までを言います)10人を教室の前に並んで立たせ、一つずつ言わせます。できてきた子は途中で立つ場所を変えて、難しい子は、同じ場所で同じ式をずっと言わせる。何度か繰り返すうちに、一人最低二つは言えるようになりました。手を変え品を変えないと、またすぐ遊んでしまうだけに、明日がまた不安です(^^;

 4年生は今、分数を習っています。ネパールの教科書、たった16ページの中に分数の学習が、ほとんど網羅されています。つまり、分数とは・・・の概念を習い始めたばかりなのに、すぐに帯分数・仮分数の書き換え問題が出てきて、明日は異分母の加法をするみたい・・・(--; 通分の練習もないわけだから、互いの分母の数をかけた後に約分するようです。今日出てきた問題も、分母が4と8のたし算。だから分母は32にそろえる・・・かけ算ができない子が多いということは、わり算もできないだろうに、一体どうなるのでしょう・・・

 ネパールの先生達、板書する時の字がとても小さいのにも驚きます。というか、ネパール人は視力がいいのでしょうね。子ども達は読めているようです。
b0239629_1443628.jpg


b0239629_1453543.jpg


「日本ではこれ位の大きさの字を書きます」と示したら、「途中で何回も消さなくてはいけなくなるよ」と言われてしまいました。確かに・・・ 教室の壁に取り付けられている黒板はほぼ同じ大きさなのですが、今使われているのは少し小さめのホワイトボードなので、日本ほど書けないのかもしれません。でも、もう少し図示する回数が増えたらなぁと思います。
[PR]
by yuka151a | 2011-10-18 20:31 | 算数