青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チトワン国立公園

 ネパール人の朝が早い話は前にも書きましたが、外国人ばかりが泊まるホテルでも同じく(^^; 午前5時45分からのコーヒータイムの後、さっそく朝のアトラクション。

 ジャングルの中をできるだけ音を立てずに歩き、動物を探します。30分以上は歩いたのですが、残念ながら動物にはあえませんでした。帰りはホテルに来るときに渡った川を船で下ります。
b0239629_442425.jpg

一面に霧が立ち込めて、何かが出てきそうな雰囲気でしたが、ここでも鳥以外を見ることはできませんでした。残念。

 アトラクションの後、朝食をとり、ツアー最後の目的地マナカマナへ移動です。マナカマナは、昨日宿泊した川岸からほど近いところにあるヒンズー教のお寺です。ダサインの時、私の家の大家さん一家が訪れたお寺なんですが、歩くと3時間位かかる山の上にあるらしく、ケーブルカーでも登ることができるそう。お祈りにささげるヤギを乗せるためのケーブルカーもあるとか。

 賑わう日には、ケーブルカーに乗る人が行列になるらしく、1時間以上待つこともざらだということでした。昨日キャンプ場から見ていると、じゃんじゃん、ケーブルカーが上がっていたので、上からの景色はどうなんだろう・・・と楽しみにしていました。しかし・・・ マナカマナに到着すると、あまり人が見当たらない。そして、門はきっちりと閉まっている・・・ まさか、まさかのバンダ(休業)! 
b0239629_45891.jpg


b0239629_453144.jpg

 今日はティハールの女性が男性にティカをする日なので、バンダだったのです。日本では連休は観光シーズン。そんな時に休業にする観光地って、まずありませんよね。祭を大事にするネパールならではだなぁと感心するしかありませんでした(^^; ガジュリからマナカマナまでは30km弱だそうですので、またの機会に訪れたいと思います。

 しばらく学校がビダ(休日)になったので、そのままカトマンズに移動し、SV(シニアボランティア)さんの家にお邪魔させていただきました。ガジュリのミスの家に行ったとき、なぜだかマリーゴールドの花の写真を撮るように言われていたのですが、ティハールになって、その理由がわかりました。ティハールの時は家の入口にマリーゴールドをつなげたものを飾るのです。カトマンズでも、家の前にマリーゴールドが飾ってあったのですが、それよりすごいのがピカピカのネオン。
b0239629_463625.jpg

 日本のクリスマスイルミネーション・・・とまではいきませんが、大きな家ほど気合が入っている気がしました。

 ティハールは光の祭とも呼ばれ、女神ラクシュミーを家に迎え、富と繁栄を祈る祭なのだそうです。カラス、犬、牝牛にご馳走を食べさせる日があり、先日子犬にティカをつけた日が犬の日だったのです。玄関の前には長寿や無事を祈り、黄や赤の色粉で曼荼羅を描くのだそうです。ネワール族の新年でもあるティハールは、ダサインに続き、ネパールで大きな祭だということでした。夜半になって街を眺めると、街のあちこちにネオンが灯され、いつもとは違ったカトマンズに見えました。
b0239629_465419.jpg

[PR]
by yuka151a | 2011-10-28 04:02 | Nepal