青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キャラバン事前調査

 以前にも書きましたが、12月に行うキャラバンという活動の準備中です。キャラバンは数名のボランティアでチームを組み、それぞれの任地先で自分達の活動を紹介するものなのですが、今回、ナガルコットという村にある学校にも訪れる予定になっているので、今日は事前調査のためにナガルコットに行ってきました。途中、ティミという焼物作りが盛んな町に立ち寄りました。
b0239629_4132240.jpg

 町のあちこちで焼物を作っている人や、積まれた焼物が見られ、路地に設けられている釜から煙が出る様子は、なんとも風情がありました。
b0239629_4341010.jpg


 シニアさんの家には、ティミで売られていた皿やカップがあるのですが、本当に素朴な色合いで素敵です。ちょっと重いけど、日本に持って帰る気持ちになるのには頷けます。

 バスを乗り継いで、到着したナガルコット。早速学校に向かうと、突然の訪問にも関わらず、とても温かく迎えてくださいました。キャラバンの主旨を伝えると二つ返事でOKをいただき、子ども達の授業の様子も見学させていただき、飛び込みで、ちょっと授業もさせてもらいました(^^)


b0239629_4165895.jpg


b0239629_4171932.jpg


 この学校はボーリングスクール(私立学校)です。一人の子どもは目と鼻の先にある公立学校の制服を着ていて、最近こちらの学校に来るようになったのだそうですが「ここの学校は叩かれないから好き」と言っていました。やはり、体罰が当たり前に行われているのだと痛感しました。

b0239629_4223519.jpg

 しかしこのボーリングスクール、学費が払えない家庭が半数以上だそうで、校長先生がかなり負担しておられるようでした。ネパールの学校、私立学校の方が学費が高いのですが、先生の給料は公立の方が高いのだそうです。ところが、公立の先生の中には「私立に行く子は賢いけれど、公立に来る子は良くない」と断言され、あまり熱心に指導されない方もいるとか・・・ 公立の先生の子ども達は、大抵私立に通っているのも現状です。
[PR]
by yuka151a | 2011-10-30 16:11 | 文化・生活・食べ物