青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

試験

 勤務先の学校で、今年度2度目の試験が始まりました。ネパールの学校の新年度は、ネパールの暦で進められ、西暦でいう4月半ばからスタートしています。1度目の試験は8月末にあり、3度目になる最終試験は2月頃に行われる予定だそうです。1~5年生は5教科、6~10年生は8教科。1日に1教科ずつ試験が行われるので、8日間の試験週間となります。(5教科しかない低学年は3日間休みです)

 10時半試験開始ということで、ギリギリまで、子ども達は門の外に追いやられてしまいました。何でも、答えを机に書く生徒がいるのだとか(^^;
b0239629_347832.jpg

 5年生以上はカンニング防止の為、3つの学年の子ども達が交互に席を指定されていました。
b0239629_3474729.jpg

 低学年は・・・ なんとも微笑ましい試験風景です。
 3年生は、なんと、なんと青空教室での試験となりました。
b0239629_3514430.jpg


 近くを通ると「ミス、シカイディンナ(教えて)」と小声で訴える子ども達。今日の試験は英語のテスト。子どもに聞かれた質問は・・・《What is your father's name?》いやいや、あなたのお父さんの名前、知りません(^^; 

 そもそも、低学年の子は英文の設問が読めないので、何が問題かもわかっていません。だからもちろん、答えも書けません。カンニングしまくりなんですが、答えを見せてる子の解答用紙も、まるで違っています・・・ 

 ネパールではこの3度の試験の結果で、進級できるか留年するかが決まってしまうのです。留年率も決して低くありません。子ども達の学力を、なんとか底上げするために、私達協力隊員が派遣されているのですが・・・ 自分の無力さを痛感する毎日です。
[PR]
by yuka151a | 2011-11-27 19:43 | 学校・子ども