青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

宿題(^^;

b0239629_12364231.jpg

 昨日で試験が終わりました。この学校に来始めてすぐ1回目の試験があり、カンニングの横行や答えを指示する先生の姿に目が点になったのですが、2回目で既にそんな状況に慣れてきた自分が恐ろしくなります(^^;
b0239629_12374625.jpg

「先生、後ろの子が私の隣の子の答えを見ます!」と訴える子、もちろん隣の子の答えを写しています(^^;答えを見せ合っているものの、その答えが違っていることも多々あるわけでして・・・  
b0239629_12384594.jpg


b0239629_1240969.jpg


 このテスト、学校独自で作るわけではなく、ガジュリ地域一帯での統一テストなんだそうです。だから学年によっては進度が追いついていなかったり、《次の言葉の反対の意味の言葉を書きましょう。本→?》なんていう、先生も首をかしげるような設問があったりします。《昔の人は何人妻がいたでしょう。→2人》という問題が3年生の英語の試験に書かれているのには苦笑しました(^^;2年生の算数の試験、やはり繰り上がりのたし算ができていない子が多く、かなりの時間を費やすかもしれないけれど、ここを1からやり直したいなと感じました。

 そして試験を終えて家路に着く子ども達にサール(男の先生)が言った一言「君達、次はいつ学校に来るか知ってる?日曜日だよ。」・・・えっ?? 私も初耳なんですが・・・ 試験の後は先生達が採点する時間が必要だということで、3~4日ビダ(休日)になるのだそうです。確かに、100人を超える学年もあるので、先生によってはすごい量の答案用紙になるのでしょうが、試験は毎日1時半に終わって、先生達も帰っているわけで・・・

 日本の学校事情とは、何もかもが違っています。でも、日本とネパールの違いを訴え続けたところで根強い風習を変えることはできないだろうし、今はまだ人間関係を築いていかないといけない時期だよね、スモールステップで進めていこうね・・・と、同期隊員と励まし合っている今日この頃です。

 9月の初め頃だったか、3年生の算数の先生は私に九九の2~5の段をノートに書いてくるように宿題を出されました。私がキョトンとしていると、慌てて「教科書見ながらでいいよ」と言われたことを私は一生忘れないでしょう。

 4年生の算数の先生にはつい最近「日本で先生してたの?」と言われる始末(^^; 何度も話したものの、私が何の目的でここに配属されたか理解してくださる方は少ないようで、中にはネパールに指導のトレーニングに来ていると思われている方もいらっしゃるようです。他国の教育事情について研修中の先生でさえ「日本では2年間大学に行けば学校の先生の免許が取れるんでしょ」と、少し見下した感じで言われ、私が大学に4年間通ったと話しても「そんなことはない」と否定されました(--; 大学入学 → 教育実習 → 採用試験 → 初任者研修 → 5・10・15年経験者研修 と一覧表に書いて言い返したのは言うまでもありません^_^; はぶてず、いじけず、くじけず・・・・諦めないで、できることをやっていくしかありません。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-06 20:58 | 学校・子ども