青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

山登り

 ネパールに来て、ついに山に登りました! なぁんて言っても、ガジュリの村の川向にある、ちょっとした山なんですけどね。高さがどれ位かなんて全く分かりませんが、比治山・黄金山よりは、はるかに高いです(^^; そして、山がいくつも繋がっているので、下から眺めても、どの山に登っていたのかよくわからない有様です。

 朝御飯をミスの家でご馳走になり、山にもっていくカジャも作ってもらいました。今日のカジャはパコウラ。私が持て余してしまっていた玉ネギで作れるものを考えてくださったのですが、作り方を聞くと掻揚げのようなイメージ。さてさて、どうしたものか・・・ 玉ネギが苦手な私にとって、掻揚げはよほどのことがなければ食べられない献立です(^^; 幸い、玉ネギを切る仕事は私がすることになったので、とにかく細~くスライスしました(^^) スライスした玉ねぎに、香辛料、小麦粉、水を加え混ぜ合わせます。
b0239629_3593574.jpg

 スプーンですくって落とせるぐらいの状態にし、熱した油で揚げると出来上がりです。
b0239629_40884.jpg

 掻揚げより、カラっと揚がった感じでした。

 ミス達もこの山には登ったことがないらしく、いろんな人に「今から山に行くよ」と話すのですが、話しかけられたみなさんが「えっ、今から?」と少々不安顔。というのも、既に正午を回っているので、明るいうちに下りてこられるのか心配だったようです。でも、そこは大らかなネパール人!まぁとにかく行ってみよう!ということで出発しました。

 まずはトリスリィ川の対岸に渡ります。この橋までは何度か来たことがあるのですが、そこからわずか5分歩くだけで、ガジュリバザールとは打って変わった雰囲気になりました。私の住んでいる所は、村とはいうもののバザールと呼ばれ店が立ち並んでますし、ハイウェイ沿いにあります。対岸の村は車も通らないまさに山道で、家の造りも「村の家」でした。
b0239629_41188.jpg

 ゴザのような物をつくる道具も家先に置かれています。
b0239629_414161.jpg


 坂の勾配がきついのか、少し進むだけで随分高くまで来ます。
b0239629_422093.jpg

 あっという間に、ガジュリバザールが見渡せる所まで上がってきていました。ガジュリはどんどん新しい家が建っている途中ではあるのですが、バザール自体、東西に1km弱広がった程度の広さです。ちなみに画像の左端の森の陰に学校が、中央右寄りに私の家が写っています(^^)
b0239629_425157.jpg

 山道はもちろん舗装されていないし、大きな石がゴロゴロしているので、立ち止まってでないと景色を眺める余裕がありません(^^;
b0239629_433529.jpg


 途中まで、私が勤める学校の子どもが一緒に登って道案内をしてくれました。聞くと姉弟で、村の家に帰る途中なのだとか。通学時間が1時間以上もかかるため、普段はガジュリバザールに部屋を借りて、親元を離れて暮らしながら学校に通っているのだそうです。もちろん経済的に余裕のない家庭では、どんなに時間がかかろうと、毎日この山道を通ってくるしかありません。話には聞いていましたが、雨の季節も、毎日ここを歩くのかと思うと、気が遠くなる思いがしました。
 プライマリースクールと呼ばれる5年生までの学校は山の中にあり、山の村に住む子どもたちは小さいうちはそこに通います。でも6年生以上のクラスがある学校は、たくさんないため、山道を通わなくてはいけなくなるのです。

 途中、学校を作っているところに出ました。地域で協力して建てるコミュニティーの学校なのだそうで、通学が大変な子ども達のために造っているとのことでした。
b0239629_441625.jpg


 山の中腹で、持ってきたカジャを食べたのですが、このパコウラ、想像以上に美味しかったです!
b0239629_403029.jpg

 そして、私が作ったポテトサラダも食べてもらったのですが・・・ やはりマヨネーズ味はパンチがないようでイマイチの反応でした(^^; 辛さと油っこさが不可欠なのだとか・・・ これはもう、育った家庭による味覚の違いですから仕方がありませんね。

 山で出会う人にも道を聞きながら進み、頂上まで行くと帰れなくなるよとの助言もいただき、山の裏側を見ることは諦めて、下山の途につき、なんとか懐中電灯がなくても歩ける5時にはガジュリに到着したのでありました(^^)
[PR]
by yuka151a | 2012-01-07 20:56 | Nepal