青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

郵便実験

 日本の友達に頼んで実験をしました。封筒だったらガジュリの郵便局で受け取れるか!?という実験です。結果、見事に成功!!とは言っても、普通の手紙は学校まで届けてくれるのですが、大きな封筒というこで、郵便局まで言って、受取書みたいなものにサインをする必要がありました。
b0239629_2565692.jpg

 郵便局の職員さんの家の近くに、同じ学校のサール(男の先生)が住んでおられたので、荷物が届いているのを連絡してくださり、郵便局まで行ってきました。この間、小包は別の町に行ってしまったことを話したら、カトマンズの一番大きな郵便局に一度行って、「私の小包はガジュリに届けて」って言っておけばいいということも教えてくださったのですが、カトマンズの大きな郵便局で一個人のリクエストを、伝達・処理してもらえるのかちょっと不明です(^^;

 でもそれが可能になると、随分楽になります。なぜなら、カトマンズに届いた小包は、JICA事務所から歩いて約15分のドミトリーまで運び、ドミトリーから約20分歩くバス停まで運び、バスに揺られて任地まで持って帰らないといけないからです。

 だから、本当に困った時にしか送ってもらわないようにしてきていたのですが、先日プリンターの部品がないことに気付き、母に送ってもらうようにお願いしました。もちろん、歩く距離があるから、重いものを送らないようにと何度も念を押して・・・それなのに届いたメール・・・「荷物出しました。約10㎏です。カトマンズに来る時は、リュックサックで来て下さい。小分けにして持って帰って大家さんにも差し上げて下さい」と・・・(--; いや、言われなくてもいつもリュックなのですが・・・ 

 日本の物が恋しくなっているであろう私に、そして大変お世話になっているネパールのみなさんにという親心なんですよね。ありがとうございます。頑張って運びます(^^;
[PR]
by yuka151a | 2012-04-06 21:54 | 文化・生活・食べ物