青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

伸びる技術

 パソコンの修理は、カトマンズで電気製品店が立ち並ぶ【NewRoad】という街にある店に行きました。

 数日前にカメラを修理した友人が、パソコンを修理できる店を探してくれていたので、さっそく電源の入らなくなったパソコンとCDプレイヤーを持ち込んだところ、どちらも本体は壊れておらず、ACアダプター、バッテリー、USBケーブルを買い替えれOKとのこと(^^)

 この修理屋さん、私のパソコンの隣に別のパソコンを置き、アダプターやケーブル、全ての組み合わせで2台のパソコンに繋ぎ、どこが故障しているかを目の前で説明してくださった上に、新しいアダプター・ケーブルで、きちんと動くようになることも、2台のパソコンで確認してくださるという、とても親切なお店でした。

 私のパソコン、大容量バッテリーで7~8時間もつのが利点だったのですが、同じバッテリーは手に入らず3時間程度のバッテリーしか手に入りませんでした。それでも、パソコンが使えなかった時のことを思えば、贅沢は言っていられません。

 ネパールは電圧が一定ではないため、特に停電から復帰した時に、過度の電圧がかかるそうです。だから、精密機器、冷蔵庫やパソコンのコンセントは、電圧を一定に保つスタビライザーというものを間にかまして繋ぐことが推奨されているのですが、それでも絶対ではないようです。過度の電圧を防ごうと、ACアダプターが働いてくれて故障したのでは・・・というのは電気には全く詳しくない友人間での話です(^^;本当のところは???

 ネパールに来る前に、もしも為の保険に入ってきたのですが、本当に使うことになろうとは・・・ 何はともあれ、復旧して一安心です(^^)

 ネパールでは自国で作る製品よりも、外国から入ってきた製品が多いため、故障したものを直せる技術に長けているのではないかと友人と話しました。カメラを修理してもらった友人も、見事に治って驚いたようです。

 そういえば、デスクトップ型のパソコンが置いてある村の店のオーナーも、自分で部品を買ってパソコンを組立てているそうですし、車関係の仕事をしている人の話では、日本だったら間違いなく取換えるようなエンジンでも、見事に直すのだとか。置かれた環境で、伸びる技術が変わるのかもしれません。
[PR]
by yuka151a | 2012-05-17 19:20 | Nepal