青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キナ?

 ネパール語でWhy?は「キナ?」と言います。最近出くわした、ネパール人のキナな出来事…

キナ?①
 学校訪問で知り合った校長先生の弟さん。せっかくだからと学校の周りを案内してくれ、道々歩きながら世間話などをしていたところ、年齢の話になり、私の年齢を聞いた瞬間、なんと頭を両手で抱え込んだ上、「Oh,my God!」と、その場にしゃがみ込んでしまいました。キナ?そこまでオーバーに驚く・・・(^^; 歩きながら少なくとも3回はその動作を繰り返した彼でした。

 日本の学校の子ども達には大幅に歳をサバ読んでいる私ですが、こちらでは嘘偽り無く年齢を公表しています(^^) 若い協力隊員達には「日本に行きたい」だから「日本人と結婚したい」そのために「友達になりたい」なんて言い寄ってくるケースが多々あるようなのですが、この「年齢公表」をすると、そんな心配は全くありません(^^)v 

 日本人は実年齢より若く(幼く)見えるようで、年齢を言うとまず驚いてもらえます(^^) 思い込みの激しい人になると「あなたは数を間違えて覚えてる」「日本は歳の数え方が違うんだね」と言われる始末です(^^;


キナ?②
 某国の大使館に書類を出す必要があり、前日の夜遅くまで英和辞書を引きながら記入した用紙を提出しました。大使館開門の8時には行列ができる、提出するために整理券を確保する必要がある、時間制限・人数制限で申請できないこともある…という話を聞いていたので、書類に不備があって再提出になったらどうしよう…と結構ドキドキしながら順番待ちをしていました。

 いよいよ私の順番が来て窓口に行き、持参した書類を提出。ネパール国内ではあるのですが、たくさん訪れる外国人に対応しておられるので、日本人の私にも迷うことなく英語で問いかけられます。映画館のチケット売り場のようにプラスチックの壁があるので、声が聞き取りにくい上に、もともと英語は苦手(^^;ネパール語を覚えるに従い英語を忘れていっている私ですので、緊張度はますますUP! 

 そんな中、受付の方が「これは、あなたが自分で書いたのか?」と、厳しい表情で書類を押し戻してこられたのです。キナ?何がいけなかったんだろう、書き直し?今日は受け取ってもらえないのだろうか・・・ 一瞬の間にいろんなことを考えながら「はい、私が自分で書きました」と答えたところ、返ってきた言葉は「カスト ラムロ アチェール(なんてよい字)」とお褒めの言葉。褒めていただいたのは大変嬉しいことなのですが、あの一瞬のドキドキは心臓に悪かった(^^;
[PR]
by yuka151a | 2012-07-17 20:11 | Nepal