青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Nepal~世界遺産を巡る旅~ 5日目

 今日の朝食は、ガジュリのウルミラさんが出発の時に持たせてくれたジュースと食パン、キルティプルの果物屋台で買ったマンゴー・バナナ・ザクロ(^^) 日本ではザクロを食べる機会はほとんどありませんが、ネパールではよく売られています。1個50ルピーと、ネパールの物価から考えると、ちょっと高価な果物です。
b0239629_1924390.jpg


b0239629_1935150.jpg

 先日ネットで見た情報によると、ザクロにはエストロゲンと呼ばれる成分が含まれているそうで、エストロゲンの減少が原因とも言われている更年期障害の予防になったり、コラーゲンを作る成分でもあるエストロゲンを摂ることで、肌や髪のケアにもなったりと、女性には嬉しい効果が期待できる食べ物なのだそうです(^^) 今回買ったザクロは当たり!みずみずしくて、甘みのあるザクロでした(^^) エストロゲン効果を先に知っていたら、一人一個ずつ食べていたかもしれません(^^;
b0239629_195579.jpg

 ヒマラヤのビューポイントとして人気の高いナガルコットですが、あいにくの曇り空で山脈を見渡すことはできませんでした。

 そんな時期にも関わらずナガルコットに来た理由は、たった一つ!「ネパールの学校に行ってみたい」という教員友だちならではのリクエストを叶えるためです。前日行ったガジュリの学校は、当初夏休み中である予定だったので、昨年度、教育系の隊員で訪れたことのある、ケントパブリックスクールの訪問を計画していたのでありました。
b0239629_1954146.jpg

 この学校は児童数がそう多くはない私立学校なのですが、校長先生がとても熱心な上に、先生達も新しいことを積極的に取り入れようとされる雰囲気がビシビシ伝わってくる学校です。

 今日の授業内容を簡単に説明し、事前にあやとりを体験していただくことにしました。校長先生はとても穏やかな方でもあり、じっくり考えながら紐を操っておられました。
b0239629_1961072.jpg

 対照的なのは校長先生の弟さん。ネパールでは、近親者の年下の男性を全て「弟」という意味の「バイ」と呼ぶので、日本で言う姉弟ではないのかもしれません。チャカチャカと慌しい動きを見せたり、突如笑いながら話し出したりと、なんとも落ち着きのない若者です(^^; それでもあやとりができるようになりたいらしく、何度も何度も挑戦していました。
b0239629_1963741.jpg

 さて、子ども達と対面! 私達の自己紹介に続き、子ども達1人ひとりにも自己紹介をさせるところが、校長先生の素晴らしいところ。1日限りの特別授業でも、しっかり学習効果を作ろうとされる姿勢がうかがえます。昨年キャラバンで使った手遊び歌も覚えていてくださって、急遽やったのですが、子どもたちも覚えってくれていたみたいで嬉しかったです。

 そして、今日の日本文化紹介授業。昨日の授業の様子から、さらに工夫を凝らして授業できるところは、さすが教員。3年生以上の児童全員を集めての授業ではありましたが、3人とも本領発揮の授業でした(^^)v 子ども達からも思わず笑みがこぼれます。
b0239629_1973287.jpg


b0239629_1985083.jpg


b0239629_1991079.jpg


b0239629_1995073.jpg

 ヤル気たっぷりの先生達。次の内容に進もうとしたところ「さっきの手品みたいなのを教えてほしい」とリクエストされましたので、先生達に前に出てきてもらって指導することに。待っている立場になった子ども達ではありますが、手品がうまく成功するかどうか、真剣な目で見つめていました。
b0239629_19101941.jpg


b0239629_19105833.jpg

 もちろん、先生が成功すると拍手大喝采!
 私達が帰った後、子ども達に教えてくださることでしょう(^^)

 授業中「ちょっと外に来て」とささやかれた校長先生、廊下に出るとハンドベルが置いてあって「これをみなさんで演奏してほしい」とのリクエスト。 これまた教員メンバーですので、突然のリクエストですが、なんとでもなります(^^)v ここの学校の子ども達がみんな知っている「かえるの歌」と校長先生のお好きな「チューリップ」の曲を演奏しました。

 あっという間の2時間を終えたのですが、先生達からさらに「鶴の折り方を教えてほしい」とのリクエスト。低学年の教室の前を通ると「えぇ~、僕達には教えてくれないの~」という熱い視線(^^; ということで、4人が別々で指導にあたることにしました。

 1人が職員室で鶴の折紙指導、2人が低学年教室でアジャコ カジャゲームの指導、私は校長先生にハンドベル指導です。校長先生の影響が大きいのだと思いますが、本当に前向きな先生方ばかりの学校です。実は、昨年度おられた先生はみなさん退職されていたのですが、今年度の先生もまた、素晴らしい先生方ばかりでした。

 次に向かったのは世界遺産に登録された寺院のある、チャング・ナラヤン。
b0239629_19121231.jpg

 大学時代ワンゲル部に所属していた姉妹が「ネパールでトレッキングがしたい!」ということだったので、短時間で準備なしでできるミニトレッキングができるようにという理由もあってチャング・ナラヤン行きを含めていたのですが、先日のゴルカ散策で十分満喫できた(懲りた(^^;?)とのことで、車で向かうことになりました(^^) 雨季ではあるし、旅の終盤でもあるから、そうなるんじゃないかなぁと、もう1人の友人とは話していたので「やっぱりね」と笑ってしまいました(^^)

 チャング・ナラヤンもまた、ここが世界遺産・・・と言ってしまいたくなる保存状態です。旧10ルピー札の図案の元になったというヴィシュヌ像も、境内にひっそりと建っていました。
b0239629_19134385.jpg

 でも、境内にある博物館は綺麗に整備されていて、これまでに見たどの博物館よりも展示がきちんとされている様子が伺えました。最上階の壁に描かれたネパールらしい絵もいい感じでした。
b0239629_1916156.jpg

 ネパールの寺院を見ると、屋根のてっぺんからダラリと垂れた布が見られます。
b0239629_19142851.jpg

 実はこれ、ドバジャと言って、神仏が降りたつ道筋のシンボルとされるものなのだそうです。
この布を見た友人達が思わず口にした「ベロリ~ン」という言葉を聞いて、私はすぐに「ベロ出しチョンマ」という絵本の題名を思い出したのですが、なんと3人ともこの絵本を知らなかったのです!
卒業論文で「モチモチの木」を取り上げた私としては、軽いショック(T_T) 3人に帰国したら必ず、この絵本を読んでねとお願いしたのでありました。

 同じく「斎藤隆介作・滝平二郎絵」のコンビで書かれた「花咲き山」、私が小学生時代に教科書で学習した「半日村」も知らないとのことでしたので、3人に1冊ずつ課題図書を決めて、読書感想文の提出を義務付けてみたのですが、さぁ忘れずに提出してくるでしょうか(^_^;

 どこでも普通に牛がいる光景もネパールならでは。ちょっと小高い位置にあるチャング・ナラヤンから見下ろす風景も、また素敵でした。
b0239629_19151872.jpg

 お土産物屋さんで売られているお面を作っている職人さん達。一つのお面を作るのに、何日かかるのか質問したところ、クスっと笑って「2時間でできるよ」とのことでした。職人技ですね。
b0239629_19264692.jpg


b0239629_1927328.jpg

 夕方には宿泊地であるバクタプルに到着しました。一つの部屋は広くて窓もたくさんあるのですがWiFiの電波が届かないという難点(--;、もう一つの部屋は電波は来るものの、ちょっと部屋が手狭でした。でも、ダルバール広場のすぐ側にあり、お店の人も親切なゲストハウスでした。
b0239629_19281130.jpg


b0239629_19285028.jpg

 バクタプルに来たら外せないのが「ズーズー・ダウ」
b0239629_19293050.jpg

 ヨーグルトの王様という意味の、バクタプルの名産品です。まったりとした濃厚なお味です。
b0239629_19295766.jpg

 バクタプルの町では、広場の観光もそこそこに、バザールに繰り出しました。タメルと同じくパッチワーク風のマットに目が行く友人達。
b0239629_19303843.jpg


b0239629_19313245.jpg


b0239629_1931140.jpg


b0239629_1934278.jpg

 ふと見つけたネパール紙工房では、紙を作る様子を説明してもらいました。化学薬品は使っておられないとのことでした。
b0239629_19331544.jpg




b0239629_19345975.jpg


b0239629_19445118.jpg

b0239629_19352557.jpg

 工房の屋上から見渡す、バクタプルの街並みも素敵な雰囲気でした。
b0239629_19362426.jpg

 夕食は、広場を見ながらダル・バート!
b0239629_19382672.jpg


b0239629_19391924.jpg

 ネパール料理といえばダル・バートなのですが、今日が初のダル・バート(^^;
b0239629_19401287.jpg

 ローカルレストランではありませんので、ネパール家庭で食べられるダル・バートとは少々違うのですが、ネパール食体験ということで。ダル・バートといえば「おかわり自由」が特徴の一つなのですが、少食気味のメンバーですので、そこは体験できずじまいでした。
b0239629_19404897.jpg

【今日の宿】バクタプル Shiva Guest House II 2部屋で40$
http://www.shivaguesthouse.com/
[PR]
by yuka151a | 2012-08-13 23:46 | Nepal