青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

巡回指導 4校目

 昨日行った学校からさらに2時間、つまり私の住んでいるバザールから、3時間山道を進んだ先にある学校に行ってきました。日本のみなさんが「山道」と聞くと、子どもの頃、遠足で登った登山道を思い描かれると思いますが、山の上の学校に行く道は「けもの道」という言葉の方が、しっくりくるかもしれません。

 多くの人が歩いたお陰(?)で草が生えていないところがあったり、
b0239629_1362473.jpg

ほんの十数センチメートルのところには稲が植わっているところがあったりで、果たして道と呼んで良いのかどうか(^^;
b0239629_137438.jpg

 膝までズボンをたくし上げないと渡れない小川も渡りましたし、かなりの勾配の場所も。
b0239629_1373166.jpg

雨で崩れた斜面を歩くこともしばしば(^^;
b0239629_1375911.jpg


b0239629_1382921.jpg

 朝7時半にガジュリバザールを出発して、学校に着いたのは始業ぎりぎりの10時。驚くことに、この3時間の山道を、毎日往復して通っているミス(女性の先生)が2人もいらっしゃいました!! 
暑い中これだけの道を歩いて出勤したら、すっかり働く元気が無くなりそうな気がするのですが・・・ 脱帽です。

 ここは5年生までの学校で、校舎も大きくありませんし、敷地も広くありません。朝会で整列して体操していますが、すぐ側は崖になっている状態です。
b0239629_139156.jpg

1年生よりも小さい子ども達のクラスも設置されているのですが、教室が足りないので、1・2年生は紐に模造紙をぶら下げて、とりあえずの仕切りをしている状態ですから、もちろん声は筒抜けです。
b0239629_1391891.jpg


b0239629_1393675.jpg

 算数の授業を見せてもらうつもりで行ったのですが、算数担当の先生が大著不良で欠席の為、ネパール語の授業を見せてもらった後、算数は私が授業をしたのですが、ここの児童もやはり、位取りの概念ができていませんでした。ネパールの子ども達、物を数えたり、生活や遊びの中で数に親しむ機会が少ないのだと思います。数えられても、それがどれ位の量であるかとは結びついていないようです。

 でも、ここの先生方は、ご自分の授業の合間に私の授業を見に来てくださったり、子ども達の理解度や、どこに力を入れたらよいか尋ねてこられたりと、積極的です。後で知ったのですが、私に道を教えるために一緒に来てくださったサール(ズボンをたくしあげて川を渡った男の先生)が校長先生で、校長先生自ら、子ども達の学力を伸ばすためにどうしたらよいのか考えておられることがひしひしと伝わってきました。

 この学校の周辺は、カースト的には低く見られる民族が多く、貧しい家庭が多いそうで、政府からカジャ(簡単な昼食)を支給するための予算がついていました。バザールから3時間歩く山の上ですから、ガスシリンダー(プロパンガスのようなもの)をそうそう使えるわけでもなく、調理を担当する学校職員が、枯れ木を集めて煮炊きをしておられました。
b0239629_13101456.jpg

 カジャタイムになると小さい子から順番に並んでカジャを受け取り、きちんと座って食べています。
b0239629_13105059.jpg


b0239629_1311950.jpg

 日本の学校給食も、戦後、こんな風に始まったんだろうなぁと思いました。「カジャが食べられる」という楽しみを持って学校に来ている子もきっといるのではないでしょうか。バザール周辺にも、山の上と同じように貧しい家庭があるのですが、平均的に見て裕福とみなされ、カジャの予算はついておらず、結果、カジャを食べることなく夕方まで過ごす子どももたくさんいます。より貧しい地域から支援する必要があるのはもちろんなのですが、何だか複雑な心境になりました。

 明日はこの先の、さらに上の学校に行く予定のため、校長先生がいつも泊まっておられる村のお宅に一晩お世話になることになりました。言わずもが、ザ・村の家です(^^;1階(?)にはヤギがいて、その上のベッドが並んだ部屋?です。ハシゴのような階段のところには壁がありません。壁といっても板ですが(^^;
b0239629_1312617.jpg

 床ももちろん板です。電気も煌々と明るいわけではありませんので、陽が高いうちに宿題をしておかなくてはいけません。
b0239629_13123159.jpg

 誰に言われることもなく、家の手伝いをするのも、ごくごく普通のことです。3年生の妹の仕事は乾燥させたトウモロコシの実をとること。トウモロコシを差し込んで、鉛筆を削るようにゴリゴリ回していました。取りきれなかった実を取るのは手作業です。
b0239629_13125556.jpg


b0239629_1313243.jpg

 この可愛い笑顔にも癒されましたが、この家には猫が2匹もいて、ほっこりした気分になった一日でした(*^^*)
b0239629_13134794.jpg


b0239629_1314742.jpg

[PR]
by yuka151a | 2012-09-24 22:04 | 学校・子ども