青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

教育戦隊☆ネパリ8 in ダマウリ

 キャラバン隊員の派遣先である、タナフ郡ダマウリの学校を訪問しました。今日は丸々1日学校に滞在なので、たくさんの授業を実施することができました。
b0239629_4221335.jpg

 幼児教育隊員が、手遊び・絵本の読み聞かせ・劇遊びをしたところ、最年少のクラスの子どもこそ、初めのうちは緊張していましたが、だんだん笑顔が出るようになり、おおきなカブの劇遊びでは、喜んで役をする様子が見られました。
b0239629_4224286.jpg


b0239629_4233473.jpg

 折り返しリレー、今日は3年生の児童です。初めての体験であろう二人三脚には四苦八苦しているものの、やはり回を重ねるうちに上達してきます。全ての学習において、繰り返すことが大切だと、ネパールの先生に伝ええたいという思いも込めてのキャラバンです。
b0239629_42412.jpg


b0239629_4242720.jpg

 今日のHIV教育は5年生対象だったので、握手をしたり、一緒に遊んでも感染しないこと、感染している人を差別しないといった内容で進められました。ここの児童も、HIVの感染については既に習っているようでしたが、絵をたくさん示しながらの学習で、子ども達も始終集中して学習していました。
b0239629_4244736.jpg

 さて、私の担当の平和教育。11年生に指導しておられる先生が広島について授業をされたことがあり、ぜひ平和の授業を実施して欲しいとの要望をいただいていました。11・12年生という高学年であることや、学習経験があることにも助けられ、たいへん関心を持って聞いてもらうことができました。
b0239629_425297.jpg

 ネパールの人に「広島を知っていますか?」と問いかけると、多くの人が「広島・長崎ですね」と、二つの地名がセットになって返ってきます。だから、二つの市は別の土地であり、距離があること、各々に原子爆弾が投下されたことを話す必要があります。
b0239629_42664.jpg

 数名の先生も同席してくださったので、放射能・白血球という言葉を補足してもらうこともできました。広島についての指導は初めてで、聞いている生徒の表情から、どれぐらい理解できているかなぁと探りながらの授業でしたが、頷いたり、問いかけに答えたりの反応から見ると、大部分理解できていたように思います。被害状況について知らなかったことも多かったようで、負傷者の写真を見ると表情を曇らせる場面も見られましたが、最後までよく聞いてくれました。みんなで作った折鶴を、広島に奉納しようと呼びかけ、全員で鶴作りにも挑戦しました。
b0239629_4263953.jpg

 キャラバン隊員(日本人)も、今回の授業や資料を見て初めて知ったこともあったそうで、私のネパール語の説明でも理解できたと言ってもらえて安心しました(^^)

 授業終了後、バザールでギネスに挑戦のイベントをしているということで行ってみると、たくさんの人が集まっていました。聞くと、火をつけた長い通路をバイクで通り抜けるという記録に挑戦との事で、しばらくすると松明を持った人を乗せたバイクが通路に火をつけ始めました。
b0239629_4271779.jpg

 通路に火がついたところでバイクが出発…という流れだったのですが、通路の中で1台バイクが転倒した為、通路がふさがってしまい、火がついた通路の中に人が閉じ込められてしまったのです。
b0239629_4275614.jpg


b0239629_4282426.jpg

 会場は一時騒然となり、やっと救出された人は担架に乗せられて病院に運ばれていきました。後で聞いた話によると、ギネス挑戦者以外は防火服を着ておらず、消防の準備や救急車も待機していなかったのだとか… 命にかかわるだけに、あまりの杜撰さに驚きを隠せません。
[PR]
by yuka151a | 2012-12-11 22:21 | JOCV