青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Nepal( 60 )

ネパール旅行

 日本に住む母の元に、JICAより、ネパール視察の旅の案内が来たそうです。期間が12月10日から12月19日で、成田発着。往復航空券、団体行動時の交通費、宿泊費(2泊分)、懇親会費用等で22万強だとか。来月、ネパールに遊びに来る友人が購入した航空券は関空発着タイ経由ですが、往復で約10万円ですから、JICA斡旋はちょっとお高めかな(^^; 

 何より、私が仕事を休みづらい時期に来られると、思うように動けないわけでして・・・「期間中6泊は自分で手配」と記載されているらしいので、その期間は自由行動となっているのでしょうから誰かに任せっぱなしというわけにもいきません。そして、日本からの直行便はないので、母1人でトランジットさせるのも少々不安があり・・・

 実は、団体旅行では、なんとうちの母、既に4度もネパールに来ているのです(^^;  訓練所に入る直前に私はそれを知ったので、ただただ驚きでした。私がいる間になんとかまたネパールに来たいと言っている母なのですが、さて実現するでしょうか。
[PR]
by yuka151a | 2012-07-31 23:16 | Nepal

ホテルの予約

 8月に日本から来る友人3名とネパール国内旅行をする予定(^^)

 ネパール、特にカトマンズはホテルがたくさんありますので、当日飛び込みでも泊まれるとは思うのですが、日本からのメンバーですので、水周り・清潔感・立地状況など、ある程度確認したいと思い、タメル地区のホテルを見て回りました。

 事前にリストアップしていたホテルやゲストハウスと、歩きながら見つけた所を10数軒見たのですが、どこのホテルも一長一短。テレビや冷蔵庫あるけど部屋が薄暗いとか、申し分ないけど、この程度でこの値段?とか。これという決め手に欠けるf^_^; おまけに、あんまりたくさん見すぎた為、どれがどこだったか記憶もあやふやになってしまいました。

 ちょっとお茶休憩をして、仕切り直して向かった「カンサー・ゲストハウス」

 部屋の設備などはこれまで見たホテルとそう変わりがないのですが、何がいいって日光が部屋に差し込んでいる!密接して立つ建物が多いタメルで、陽が差し込む部屋は珍しい!そして何より、ホテルの人がとても感じがいい上に、交渉上手。他でも言ったように「友達に尋ねて、泊まるなら電話する」と言って帰ろうとすると、「今日予約するなら安くするよ!」と、初めは1部屋600ルピーという話だったのに、最後には1部屋400ルピーということになりました(^^)v 500ルピーの別料金ですが、空港までホテルの車で迎えにも来てくれることになったので、迷う心配もなし(^^)

 1年前からネパール旅行貯金をしてきているメンバーですので、もう少し値が張るところでも十分泊まれるのですが、6泊しますので徐々にホテルのランクを上げていこうかと。

 カトマンズ以外のホテルを電話で予約する際はもちろん「私は日本人なので、できるだけゆっくり喋ってください」って前置きします(^^; 毎日顔を合わせる学校の先生からは「あなたはネパール語が上手にならないねぇ」と呆れられる私ですが、初対面の人は「とても上手ですね」と褒めてくれます。半分以上、お世辞とわかっていても、嬉しいものです。(クラスの子も、褒めて育てなければ・・・と、こんな時には思うのですが(^^; )

 そんなこんなで5つのホテルの予約が終了しました!6泊なのになぜ5つかって?1泊は私の部屋にお泊まりです。キャンプ状態の村の生活も体験してもらおうと思います。

 最後の日は、「地球の歩き方」にも【泊まってみたいこだわりのホテル】と掲載されているドゥワリカに泊まります!ホテルもですが、友だちに久しぶりに会えるのが楽しみです(^^)
[PR]
by yuka151a | 2012-07-19 12:17 | Nepal

キナ?

 ネパール語でWhy?は「キナ?」と言います。最近出くわした、ネパール人のキナな出来事…

キナ?①
 学校訪問で知り合った校長先生の弟さん。せっかくだからと学校の周りを案内してくれ、道々歩きながら世間話などをしていたところ、年齢の話になり、私の年齢を聞いた瞬間、なんと頭を両手で抱え込んだ上、「Oh,my God!」と、その場にしゃがみ込んでしまいました。キナ?そこまでオーバーに驚く・・・(^^; 歩きながら少なくとも3回はその動作を繰り返した彼でした。

 日本の学校の子ども達には大幅に歳をサバ読んでいる私ですが、こちらでは嘘偽り無く年齢を公表しています(^^) 若い協力隊員達には「日本に行きたい」だから「日本人と結婚したい」そのために「友達になりたい」なんて言い寄ってくるケースが多々あるようなのですが、この「年齢公表」をすると、そんな心配は全くありません(^^)v 

 日本人は実年齢より若く(幼く)見えるようで、年齢を言うとまず驚いてもらえます(^^) 思い込みの激しい人になると「あなたは数を間違えて覚えてる」「日本は歳の数え方が違うんだね」と言われる始末です(^^;


キナ?②
 某国の大使館に書類を出す必要があり、前日の夜遅くまで英和辞書を引きながら記入した用紙を提出しました。大使館開門の8時には行列ができる、提出するために整理券を確保する必要がある、時間制限・人数制限で申請できないこともある…という話を聞いていたので、書類に不備があって再提出になったらどうしよう…と結構ドキドキしながら順番待ちをしていました。

 いよいよ私の順番が来て窓口に行き、持参した書類を提出。ネパール国内ではあるのですが、たくさん訪れる外国人に対応しておられるので、日本人の私にも迷うことなく英語で問いかけられます。映画館のチケット売り場のようにプラスチックの壁があるので、声が聞き取りにくい上に、もともと英語は苦手(^^;ネパール語を覚えるに従い英語を忘れていっている私ですので、緊張度はますますUP! 

 そんな中、受付の方が「これは、あなたが自分で書いたのか?」と、厳しい表情で書類を押し戻してこられたのです。キナ?何がいけなかったんだろう、書き直し?今日は受け取ってもらえないのだろうか・・・ 一瞬の間にいろんなことを考えながら「はい、私が自分で書きました」と答えたところ、返ってきた言葉は「カスト ラムロ アチェール(なんてよい字)」とお褒めの言葉。褒めていただいたのは大変嬉しいことなのですが、あの一瞬のドキドキは心臓に悪かった(^^;
[PR]
by yuka151a | 2012-07-17 20:11 | Nepal

カメラの修理

 3週間も前に修理に出していたカメラを取りに店に行ったところ、なんとカメラが見当たらない(--;もともと部品の交換だけで、2日後に来たらいいよと言われていた程度の修理のはずなのに、できていないどころか、カメラがないとは… 

 店番をしている人の予想では、店主が持ち帰って修理しているんだろうとのことで、事もなげに「明日は土曜で休みだから、日曜日に来て」とさら~っと言う態度に、さすがにプチッ(--;

「日曜日から旅行に出るから取りに来れない。旅行に持っていけなくてすごく困る。」と言い放って帰ってきました。ここは日本ではない…と頭ではわかっているのですが…
[PR]
by yuka151a | 2012-07-05 20:00 | Nepal

ネパール旅行

 日本の友人がネパール旅行に来てくれることになり、航空券を手配したとの連絡をもらいました。私がネパールに来る前から「ネパールに行くよ」と言ってくれていたのですが、現実味を帯びてくると一層ワクワクします(^^) 

 カトマンズのような冬の寒さが厳しい地域は1月に1ヶ月の休みがあったのですが、暑さの厳しいダディン郡は7月から8月半ばまでが長期休暇になります。地域によって長期休暇の時期が違うのは、日本と同じシステムのようです。

 友人がネパールに来るときは私も学校が休みなので、一緒に観光する予定にしています。雨季ですが、天候が大崩れしないことを祈るのみです!
[PR]
by yuka151a | 2012-05-21 20:34 | Nepal

バンダ

 かねてから予定されてはいたのですが、ネパール中がバンダ(ストライキ)になりました。来週の憲法制定の期限を控え、何種類かのバンダが予定されているのです。

 先週のバンダの時は、学校は通常通りでしたが、今日は学校もバンダで休みです。無期限バンダとも言われているので、私達ボランティアには「自分の任地以外の地域への移動は禁止」とのお達しが出ています。

 カトマンズ周辺では、店も閉まり、食料や水の入手も難しくなるらしく、バンダ前に確保しておくようにとの緊急連絡網も回ったほどです。幸い、村では車が通らなくなる程度で、店は普通に営業しています。野菜も高騰することもなく・・・ のどかな村が、いっそうのどかになった感じです。
[PR]
by yuka151a | 2012-05-20 02:31 | Nepal

ひとりで・・・

 ガジュリで過ごす、久しぶりの土曜日。朝から洗濯や掃除をして、手紙を書いて、荷物整理して・・・と考えていたものの、洗濯場に先約がいたり、目の前の部屋にたくさんのお客さんがいたりで、部屋から出るのが億劫になってしまいました。
 
 同じ建物に住む住人が増えて以来、私の部屋の前のベランダに人が来る頻度が確実に上がりました。停電時はマットを敷いて、皆さん夕涼み(^^; 日本人の持ち物はとにかく珍しいのか、部屋の中をじろじろ見られるのが、今のちょっとしたストレスです。カーテンをすると風が通らなくて暑いから、薄い布地で目隠しを作りました。

 1人の時間もですが、1人で使えるスペースが蒸暑い部屋の中だけっていうのも、辛いものです。ネパールの皆さんに言わせると「一日中、1人で部屋にいるとつまらないでしょう、みんなでガフ(雑談)すれば楽しいでしょ!」ってことなんですけどね。
[PR]
by yuka151a | 2012-05-19 19:27 | Nepal

伸びる技術

 パソコンの修理は、カトマンズで電気製品店が立ち並ぶ【NewRoad】という街にある店に行きました。

 数日前にカメラを修理した友人が、パソコンを修理できる店を探してくれていたので、さっそく電源の入らなくなったパソコンとCDプレイヤーを持ち込んだところ、どちらも本体は壊れておらず、ACアダプター、バッテリー、USBケーブルを買い替えれOKとのこと(^^)

 この修理屋さん、私のパソコンの隣に別のパソコンを置き、アダプターやケーブル、全ての組み合わせで2台のパソコンに繋ぎ、どこが故障しているかを目の前で説明してくださった上に、新しいアダプター・ケーブルで、きちんと動くようになることも、2台のパソコンで確認してくださるという、とても親切なお店でした。

 私のパソコン、大容量バッテリーで7~8時間もつのが利点だったのですが、同じバッテリーは手に入らず3時間程度のバッテリーしか手に入りませんでした。それでも、パソコンが使えなかった時のことを思えば、贅沢は言っていられません。

 ネパールは電圧が一定ではないため、特に停電から復帰した時に、過度の電圧がかかるそうです。だから、精密機器、冷蔵庫やパソコンのコンセントは、電圧を一定に保つスタビライザーというものを間にかまして繋ぐことが推奨されているのですが、それでも絶対ではないようです。過度の電圧を防ごうと、ACアダプターが働いてくれて故障したのでは・・・というのは電気には全く詳しくない友人間での話です(^^;本当のところは???

 ネパールに来る前に、もしも為の保険に入ってきたのですが、本当に使うことになろうとは・・・ 何はともあれ、復旧して一安心です(^^)

 ネパールでは自国で作る製品よりも、外国から入ってきた製品が多いため、故障したものを直せる技術に長けているのではないかと友人と話しました。カメラを修理してもらった友人も、見事に治って驚いたようです。

 そういえば、デスクトップ型のパソコンが置いてある村の店のオーナーも、自分で部品を買ってパソコンを組立てているそうですし、車関係の仕事をしている人の話では、日本だったら間違いなく取換えるようなエンジンでも、見事に直すのだとか。置かれた環境で、伸びる技術が変わるのかもしれません。
[PR]
by yuka151a | 2012-05-17 19:20 | Nepal

洪水

 パソコンが、いよいよダメっぽいです。電源ボタンを押しても、ランプが点滅するばかり。奇跡的に電源が入り確認すると、電池残量4%・・・ もう切れます。きっと。

 ということで、お邪魔しているシニアボランティアさんの家でパソコンをお借りしてメールをチェックすると、「ネパールで洪水!大丈夫?」と日本からメールが来ていました。

 村でメールの送受信はできるようになったものの、インターネットでニュースを確認するのは難しく(通信速度の問題で)、新聞も正しく読めませんし(語彙力の問題で(^^; )テレビもありませんから、学校で先生達から聞く話が唯一の情報でして・・・ それもネパール語か英語ですので、十分理解できているとは言い難く(^^;

 慌てて検索してみますと、ポカラ近くの地域で雪解け水による洪水があったとのことでした。自然の恐ろしさを感じる事象が起きているのは、やはり近年の異常気象に関係するのでしょうか・・・
[PR]
by yuka151a | 2012-05-05 19:23 | Nepal

Nepalで再会(^^)

 日本での留学を終え、3月末にネパールに帰国された御一家とカトマンズで再会しました。御家族全員、日本語が話せるのですが、中でも1歳の時から4年間、日本で育った娘さんは、なんとも上手な広島弁(^^;「○○っておるじゃん」「~しちゃあ、いけんのんよ」久しぶりに聞くイントネーションがとても心地よかったです。

 日本では保育園に通っていた娘さんですが、ネパールの幼児教育では読み書き計算の毎日なので、しばらくは大変だと思います。娘さんを連れて、いくつかの学校を見学して回られたということでした。

 娘さん、今は日本語が一番馴染みがあるようで、家では「日本語で話して」とせがむのだとか。学校に入るとネパール語はもちろん、英語の勉強もあるので、日本語は忘れてしまうかもしれません。言葉は忘れてしまっても、日本のことを少しでも記憶に残しておいてもらえたら嬉しいですね。

 ネパールには日本人学校がないので、週休日である土曜に補習校が開かれていて、去年、私も夏祭りに参加させていただきました。季節の行事があったら、ぜひお誘いしたいなぁと思いました。
[PR]
by yuka151a | 2012-04-21 20:33 | Nepal