青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:学校・子ども( 99 )

ボーリングスクール

 近くのボーリングスクール(私立学校)の先生が集まって、ティーズの踊りをするとのこと。
 ボーリングスクールやコミュニティースクール(地域の人達がつくった学校)は、賛同者の寄付も運営資金となっているようです。今日行ったボーリングスクールに大家さんは寄付をしているそうで、一緒に連れて行ってもらいました。この学校は3年前にできたそうで、日本で言う幼稚園にあたるクラスも併設されています。壁には子どもが作ったらしいプリントが貼ってあったり、アルファベットのポスターが貼ってあったりしました。視覚教材ってやっぱり必要ですよね・・・ 教室は決して広くはないのですが、それぞれの部屋に大きな窓があり、とても明るかったです。
 ティーズの踊りは・・・ 話に聞いてた通り、女性が赤いサリーを着て楽しそうに踊っていました。時々停電が来ると音楽が流せなくなるから座って休憩するものの、ずっと踊り続ける体力にも感心するばかり(^^; 本当に踊りが好きなんでしょうね。
[PR]
by yuka151a | 2011-08-27 13:46 | 学校・子ども

テスト

 学校に行くと、何やら様子が違います。子ども達が教室に入らずに、校庭で待っているのです。しばらくすると、校長先生が何やら張り紙をした後、子ども達が一斉に教室に向かいました。なんと、今日から8日間にわたって試験なのだそうです。
b0239629_13311354.jpg


そして、こちらの試験・・・ 聞いていた通り、カンニングだらけです(^^;低学年にいたっては、先生が設問を読んだ後、答えも言って書かせている始末です(^^;なんの為のテストなんでしょう。
b0239629_13315838.jpg

こんな小さな子もテストを受けるようで・・・ 
[PR]
by yuka151a | 2011-08-22 18:29 | 学校・子ども

子を思う・・・

 教室に行くと、昨日ひどく体罰を受けた子のお父さんが来ていました。すごい剣幕で話しているので、話の内容は理解できませんでしたが、雰囲気で体罰について抗議していることはわかります。体罰が当たり前というネパールでも、子どもを思う親の気持ちは同じなんだとわかって、ちょっと安心した自分がいました。そして、散々抗議した後、礼儀正しく挨拶をして帰っていかれるお父さん、この辺が年上を敬うネパールならではなのかもしれません。

 子ども達はというと・・・ 筆算のたし算で、毎日苦戦しています。いえ、苦しんでもいなけれれば、挑んでもいません(--; 友達のノートを写して、先生に丸をもらうとすっかり満足しています。間違えて怒られることなく、早く課題が終わることで達成感を感じている様子です。
[PR]
by yuka151a | 2011-08-17 20:05 | 学校・子ども

体罰

 2年生、やはりアラビア数字が読めない子が多く、答えを間違えると、先生に背中を叩かれたり、髪をひっぱられたりと、聞きしに勝る体罰です。私の近くに座っている子に、計算の仕方を教えようとするのですが、私に答えを聞いたと思って、また叩かれてしまう子ども達・・・何もできず、見ていることしかできない自分にも腹が立つし、見ているのも辛くなるほどひどい有様です。
[PR]
by yuka151a | 2011-08-17 20:04 | 学校・子ども

教室

 私の行く学校の教室には窓ガラスがありません。窓枠と鉄でできたグリルと呼ばれる格子があるのみです。
b0239629_1251567.jpg

 木製の扉がついていて、子ども達が勉強するときは、この扉を開けて教室に光を入れています。なぜって・・・ 電灯はないからです。ガジュリはとても暑い地域なのですが、教室はコンクリートで囲まれているので、室内はひんやりしています。時折風も吹きますし・・・ でも、冬はどうするんだろう・・・と寒さに弱い私は、今からそれが心配です(^^;
b0239629_12524376.jpg

[PR]
by yuka151a | 2011-08-14 15:50 | 学校・子ども

初出勤

 私の行くアダルシャ高等学校は1年生から12年生まであります。日本で言う小学校にあたるのが1~5年生。教室の数が限られているので、11・12年生は朝6時半から9時半まで授業を受け、10年生以下は10時から午後4時が授業時間となっているそうです。

 今日はいよいよ初出勤!・・・と思ったのですが、12年生の卒業のセレモニーのため、授業はありませんでした。昨日、JICA のスタッフさん達が「いい時にポスティングだったねぇ」と言われていたのですが、この行事があったからなのでしょうね(^^)でも、とにかく長かった・・・(^^;
b0239629_12195836.jpg

[PR]
by yuka151a | 2011-08-12 20:41 | 学校・子ども

マレックの学校

 マレックの学校も見せていただくことになりました。先輩隊員さんの配属先は、ドイツの支援も受けている学校だそうで、教室だけでなく、保健室まで整備されている立派な建物。保健室には歯科の治療台まであるから驚きです。そして、子どもにも先生にもカジャ(軽い昼食)が用意されるのだそうです。ドイツからも年に一度は視察団が訪れるらしく、学校側も力をいれているとか。だから、先輩隊員さんは支援が入っていない、他の学校の巡回指導に重点を置かれているそうです。

 大収穫の二日間を終え、カトマンズに向かうバスに乗りました。先日のフィールドトリップの時は、家が見つからず、不安要素大で乗ったバスですが、今回は心にゆとりができたためか、窓から見える景色も違って見えます。段々畑に大きな川・・・ これから何度、この道を走るのかなぁと考えながらバスに揺られました。
b0239629_1236962.jpg


b0239629_12363548.jpg

[PR]
by yuka151a | 2011-08-08 20:36 | 学校・子ども
 今日もJICA中国の教員海外研修のプログラムに同行させていただきました。偶然にも、私が初めて高学年を担任した時に、高学年のノウハウを一から教えてくださった先生と同じ学校の先生や、私が卒業した学校の先生が一員として来られているんです。久しぶりに教員集団の中に入っていろいろ話をするのも、とても懐かしい雰囲気でした。

 今日は8名の研修団のみなさんが2人ずつのチームに分かれて、それぞれのクラスで日本について紹介するというプログラム。日本の空手や習字の紹介をされました。筆で書いた漢字は、子ども達にはある種のマークに見えるのかもしれません。不思議そうに見ている子もいましたし、中にはすぐに真似てノートに書いている子もいました。先生が、それぞれの漢字の意味を説明されたので、興味をもってくれているようでした。
b0239629_346960.jpg


 教員海外研修のプログラムは毎年実施されているそうで、もし来年もネパールだったら、ぜひ知り合いの先生に紹介したいなと思いました。8・6にかかるのがちょっと考えるところなんですが(^^;
[PR]
by yuka151a | 2011-08-05 22:46 | 学校・子ども
 ポスティング(任地への赴任)が始まりました。任地ごとに4つのグループに分けられ、今日は第一陣の出発。4月からの訓練で約2ヶ月、ネパールに来て約1ヶ月の生活を共にした同期隊員。協力隊員の多くがそうでしょうが、ネパール組もなかなか個性的なメンバーです(^^)訓練生活、共同生活を送る中で、いろいろなことがありましたが、それぞれの持ち味を生かして、よい関係が築いて来れたのではないかなと思います。

 今日はJICA中国主催の教員海外研修で、中国地方の学校の先生8名がネパールに来られました。ネパールの学校訪問もプログラムに組まれていて、カトマンズ近隣の先輩隊員さんの学校を訪れるということなので、私も同行させていただくことにしました。
b0239629_381411.jpg


b0239629_385685.jpg


 教室いっぱいに子どもが座っている状態で、私達は外から見ることしかできない狭さなのですが、最上階に整備された図書室があり、オープンスペースが確保されていました。3年生の子ども達にそこに移動してもらい、研修団のみなさんが、日本の歌を紹介したり、一緒に折紙をしたりというプログラムをされました。子どもの中には日本の子ども以上に器用に折る子どももいて、こちらがびっくりさせられました(^^)
b0239629_393133.jpg

[PR]
by yuka151a | 2011-08-04 22:06 | 学校・子ども