青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー

<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大晦日

 昨日はまた何かの祝日でビダ(休日)、今日は土曜(ネパールは土曜が休みです)で2連休だったので、年末の大掃除をしました。

 とは言ってもネパールは独自の暦を使っているので、今日は2068年9月16日。年末年始の雰囲気は全くありません。もちろん明日も仕事です(^^; 

 今日はいつも以上に時計を見てしまい、そろそろ紅白が始まるのかなぁ・・・ みんな何をしてるのかなぁ・・・なんて思いながら過ごしました。

 振り返ればあっという間なのですが、本当にいろんなことがあった一年間でした。決して忘れることのできない災害もあり、自分が今するべきことは何だろうと考えさせられる場面がたくさんありました。でも今ネパールにいられるのは、たくさんの人が背中を押してくださり、支えてくださっているからだと思います。ここで私ができることは、ほんの僅かなことかもしれませんが、ネパールの子ども達が少しでも楽しく学習できるように、そして日本に帰ってから子ども達と一緒に世界の現状を考える機会が持てるように、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-31 20:51 | 文化・生活・食べ物

ビダ(休日)

 昨日はまた何かの祝日でビダ(休日)、今日は土曜(ネパールは土曜が休みです)で2連休だったので、年末の大掃除をしました。とは言ってもネパールは独自の暦を使っているので、今日は2068年9月16日。年末年始の雰囲気は全くありません。もちろん明日も仕事です(^^; 

 今日はいつも以上に時計を見てしまい、そろそろ紅白が始まるのかなぁ・・・ みんな何をしてるのかなぁ・・・なんて思いながら過ごしました。

 振り返ればあっという間なのですが、本当にいろんなことがあった一年間でした。決して忘れることのできない災害もあり、自分が今するべきことは何だろうと考えさせられる場面がたくさんありました。でも今ネパールにいられるのは、たくさんの人が背中を押してくださり、支えてくださっているからだと思います。ここで私ができることは、ほんの僅かなことかもしれませんが、ネパールの子ども達が少しでも楽しく学習できるように、そして日本に帰ってから子ども達と一緒に世界の現状を考える機会が持てるように、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-31 19:27 | 文化・生活・食べ物

パン&KFC

 ガジュリの村にパン屋さんができました(^^) どこかで作られたパンを売っているパン屋さんではなく、オーブンがあってパンを焼いているパン屋さんです!
b0239629_13214879.jpg


b0239629_13223235.jpg

 クリスマス後にオープンしたばかりだそうで、行くとちょうどパンを焼いているところでした。カトマンズのパン屋さんのように種類が豊富ではありませんが、焼きたてのパンが村で手に入るなんて夢のようです(^^) 店は私の住んでる家の2軒隣なので、ベランダにいてもパンを焼くいい香が漂ってきました。自炊に疲れたらパンに誘惑されそうです(^^;

 誘惑といえば・・・
 この間カトマンズに行った時、KFCに行きました。はい、ケンタッキーフライドチキンです(^^) 
b0239629_13231175.jpg


b0239629_13235020.jpg

 ハンバーガーやチキン、メニューは同じようなものが並んでいるのですが、セットメニューを注文すると飲み物がコーラに決まっているところ、代金にサービス料がつくところが、おぉネパールだ!と感じます。カトマンズでは、コーラを飲みながら食事をしている光景、よく見かけます。

 そして、このプレートは・・・ 
b0239629_13241739.jpg

トイレの入口です。日本でもこんなお茶目なプレートでしたっけ(^^) 

 日本では滅多に行く機会がなかったKFCですが、ネパールで妙に懐かしさを覚えました。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-29 22:20 | 文化・生活・食べ物

長さの単位

 3年生はものさしを使う学習をしています。この単元に入った初日、子ども達はものさしを持ってきていないので、先生がホワイトボードに絵を描いて説明されました。が、ものさしの実物大の小さな絵(^^; ネパールの子ども達は目がいいので、困っていないようですが・・・ 

 ネパールでは「センチメートル」よりも「インチ」を使うことが多いらしいのですが、教科書では「センチメートル」を教えなくてはいけないのだそうです。私達も「インチ」の存在を知っていても使うことはほとんどないのですから、ネパールでは「インチ」をまず教えたほうがよいのではないかと考えてしまいます。 

 今日は各自でものさしを準備してきてましたが、やはり、どちらの目盛が「センチメートル」でどちらが「インチ」か区別がつかない子がたくさんです。それなのに、2~3個の物の長さを測ったら授業は終わりになりました。一日にたくさん進むと子ども達が理解できないという考えには賛成ですが、それは早く授業を終わっていいということではないはずで、せっかく時間を有効に使って何度も練習させてはどうなのかと・・・ どこかのタイミングで言わなくてはと思います。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-28 21:17 | 算数

かけ算

 4年生の算数に行くと、サール(男の先生)が私の近くに来られて「この間みたいに、今日のところを子どもに教えられますか?」と突然言われました。この先生は、この間のキャラバンの授業をずっと見ていてくださった方で、アンケートにも「教材を使っているのが良かった」と書いてくださっていました。

 とはいえ、わり算の筆算の仕方を練習させているところで、いきなり教材と言われても・・・ でも、せっかく声をかけていただいたのに「できない」とは言いたくなかったので、わり算が等しく分けなければいけないということを再確認させ、筆算でわられる数を一桁ずつ見ていく方法を順を追って説明しました。ただ、九九が完璧でない子が多いクラスなので、わり算はしんどいようでした。低学年の算数が後にどれだけ響くか、目の当たりにさせられます。

 2年生の算数では昨日に続き「かけ算」です。ここでもサールが「教えてみますか?」といきなり振られました(^^; 私は日本で他の先生から「いきなり振るよね」といつも言われていましたが、ネパールの先生達、私以上です。何の脈略も無く振ってきます(^^;

 2年生の先生は「九九を言わせる前に絵を描いて説明したら、子どもが早く理解できる」とおっしゃっている方でとても共感できます。「今から教えてみますか?」とここでも声をかけていただいたので、「4の段」を車のタイヤで数える授業をしました。なぜ車にしたか・・・ 私の描く車の絵ではタイヤは2つしか見えません。でも、車に4つタイヤがあることは子ども達が理解しています。計算の意図がわかるなら、絵に見えなくても数えられるのでは・・・と思い、あえて車にしてみたのです。

 日本でも教えていたように車1台で4×1、車2台で4×2・・・・ 縦に並べて描いていくと、階段状に並びます。日本の子どもだったら、車が1台増えるごとにタイヤ(積)が4ずつ増えていくと気づくのですが、たし算の暗算が厳しい子達ですから、残念ながらその発想はないようでした。でも、1234、5678・・・ と絵を指差しながら数えていました。かけられる数ずつ答えが増えることに気づけば、九九も覚え易いのでしょうが、今はそこまで望めそうにありません。とりあえず、かけ算の立式の仕組を理解させて授業を終わりました、

 サールは「7時間目も時間をあげるから、続きを教えて」と言ってくださり、0をかけた場合の計算も教えてみました。これはネパールの子も感覚的にわかったのか、かける数でもかけられる数でも0があったら答えが0になるのを楽しんでいるようでした。まぁ「ゼロ!」「ゼロ!」って言うのを楽しんでいるだけの子もいましたが(^^;

 7時間目は子どもたちはケル(体育的な時間だけど実質遊んでるだけ(^^; )ができると思っていたので、数名の子が時々ふざけて授業を邪魔してきたのですが、「だったら外に行きなさい」と言うと、それは嫌らしく席に座る・・・でもすぐふざける。ちょっと試しに、いや見せしめに(?)一人を外に連れ出してみたら、全員おとなしく座ってしまいました(^^; ネパールでは優しい先生で通りそうと思っていたのですが、やはり無理のようです(^^;
[PR]
by yuka151a | 2011-12-27 22:15 | 算数

単元がたくさん

 今月は試験・キャラバン活動・創立記念カリキュラムと続いていたので、私にとっては1ヶ月ぶりの授業でした。ガジュリに来て約5ヶ月が経とうとしているのですが、学校の試験やビダ(休日)、私の研修などで、実際に授業を見たのは50日程度だということに先日気づきました。

 私は現職教員参加制度での協力隊参加なので、他の隊員より3ヶ月早く帰国することになっていて、ネパールでの活動期間は1年9ヶ月しかありません。1月に帰国される先輩隊員さんにも「赴任して半年位が、仕事が思うようにできなくて一番辛い時期だよ」と教えてもらったのですが、本当にもどかしく思う毎日です。

「ティハール休暇が終わったら、他の学校の巡回を始めましょう」と話していたカウンターパートさんに何度か連絡を取るものの、「フンチャ、フンチャ(いいよ、いいよ)」と明るく返事が来るだけで、ティハールからもう2ヶ月。お会いすることすらできないので、こうなったら赴任校の2年生に張り付こうと決心してカトマンズから帰って来たのですが、2年生の教科書を見てびっくり!! 今年度末までに残された単元が「かけ算九九」「2桁×1桁のかけ算」「わり算」「わり算の筆算」「分数」「時計」「お金」なんともすごい量です。1桁同士のたし算ですら暗算できない2年生に、これだけのことを教える必要があるのでしょうか・・・ とはいえ、教科書に載っていたら担当の先生としては教えなくてはいけないのですから、私が勝手に「やめましょう」と言えるはずもなく・・・

 先日、キャラバンで分数をやったので「分数のところは私が教えたいです」と言ってみたら、2年生の先生、何やら私に説明を始めました。
「分数はこの間まで私も全く理解できなかった。最近、他の先生に教えてもらったんだけど、始めに○を書いて4つに分けたら4つの部屋ができるでしょ。だから線の下(分母)に4を書く。その後、線の上(分子)に、いくつ分に色がついてるかを数えて書けばいい、とっても簡単な方法だ。」
・・・これまでどうやって分数を書いておられたのでしょう・・・ 分数単元は全部もらおうと心に決めました。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-26 22:29 | 算数

クリスマス

 今週、研修のため同期隊員がカトマンズに集合しました。全員が揃うのは3ヶ月ぶり位なので、話が尽きず・・・ たった2日間でしたが、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 そして、1月に帰国する先輩隊員さんの帰国報告会もあり、カトマンズにたくさんの協力隊員が集まっていて、有志メンバーがクリスマス会を計画してくれました(^^) 料理上手なメンバーがみんなのためにたくさんの料理を準備してくれ、楽しい、楽しいクリスマス会になりました(^^) ネパールでこんなに美味しい料理が食べられるということはもちろんですが、たくさんの人が集まるって、やっぱり楽しい気分になりますね。
 
 ネパールはヒンズー教の人が多いので、街中を歩いていても、そんなにクリスマスの雰囲気を感じることはありません。外国人がよく訪れるであろう店に、ちょっとした飾りがある程度です。どの宗教も平等に扱うとの考えから、25日は休日なんですけどね。

 そして、独自の暦を使っているので1月1日は新年ではありません(^^; 西暦でいう4月頃、新年を迎えることになります。だから、私も1月1日は授業日です。年末という雰囲気もまったくないのですが、日本はもう気忙しい毎日なのでしょうね。次にカトマンズに上がってくるのは1月になりそうなので・・・ 少し早いですが、みなさん、よいお年をお迎えください(^^)
[PR]
by yuka151a | 2011-12-25 16:46 | JOCV

Skype

 今日、日本の所属校の忘年会・・・いえ、反省会(^^;に参加しました。・・・って、帰国したわけではありません。会の開催時間に、カトマンズにいてネットが使えることがわかったので、急遽Skypeで繋いでもらったのです。

 幹事の先生の計らいで、実際に話をする前から接続状態にしてもらっていたので、会場に流れるBGMや楽しそうな笑い声が聞こえてきて、懐かしくなりました。

 Skypeは以前から知っていたものの、なかなか使う機会はなく、ネパールに来るにあたって初めて使うようになったのですが、こんなに鮮明に、そして声の遅れもそんなに感じないほどの速度で繋がることに、今更ながらびっくりしました(^^)

 懐かしいみなさんの声も聞けて、幸せな気持ちになったひとときでした!
[PR]
by yuka151a | 2011-12-22 22:21 | いろいろ

創立記念日

 赴任校の創立記念日。校舎前にステージが設置され、始まるのを今か今かと心待ちにしている子ども達です。・・・・が(^^; 職員室を覗いてみると、生徒会らしき10年生の子ども達と先生が、焦った様子で何か作業をしています。どうやら、何かしらの成績(多分、昨日までの競技やクイズ大会)を出した子に賞品(ノート2冊とペン1本)を渡すらしく、その包装作業をしているのです。
b0239629_6231485.jpg

・・・昨日までに、散々時間はあったのに、どうして当日の朝になってするのかやはり理解に苦しみます。
 10年生の包装の仕方は、なんとも大雑把(^^; 中身が見えないように何箇所にもテープを貼る女の子。包んでいる時にずれないように、中身のノートにテープを貼る男の子。包装紙が小さかったら、縦に1枚、横に1枚巻き付けて貼っているものもあって・・・ でも、この賞品を受け取った子は、あっという間にビリビリッとはがして、包装紙はその場にポイッ・・・なんだろうなぁ・・・ いっそのこと包装紙なしにすればいいのに・・・と考えてしまいました。というのも賞品のペンが元々入っていた袋も、全て床に投げ捨てられていたのです・・・ 拾い集めて一箇所にまとめておいたら「これ、誰がしたの?」と聞いている声がしました。ゴミがまとめてあるだけで不思議に思うところが不思議なのですが・・・(^^;
b0239629_6252326.jpg

 そんなこんなで、式典が始まったのは正午近くでした。校長先生をはじめ、参列したお偉い方のお話が続くのですが・・・これまた子ども達はがやがやと騒がしくて聞いていません(^^; 聞かない子どもにしてしまっているのも問題なのですが、聞いていないのにまったく構わず話し続ける演説者もどうかと思います。なんだか話している自分に陶酔しているかのようにも見えます。
 今日の式典でもダンスがありました。ネパールにはダンスは欠かせないもののようです。
b0239629_626267.jpg

ただ、数日前からダンスの練習をしているところを何度か見させてもらったのですが、いつも同じ子が踊っているのが気になります。その間、他の子は何をしているのでしょうか・・・ できる子・選ばれた子だけでカリキュラムが進められていく光景は、授業で先生の質問に対しわかった子が大きな声で答えを言い、先生はそれで全員がわかったものとして授業を進めていく光景と重なって見えました。昨日までにもいくつかカリキュラムがあったのですから、一人一つは参加するシステムにはならないものなのかと思ってしまいます。
[PR]
by yuka151a | 2011-12-20 20:19 | 学校・子ども
 先週の金曜日から学校では授業がありません。というのも明日が創立記念日だそうで、特別なカリキュラムが行われているのです。砲丸投げ・幅跳び・高飛びというスポーツのカリキュラムもあれば、学習に関連したチーム対抗のクイズ大会や、算数の問題を解く競争、スピーチコンテストなんていうものもあります。
b0239629_6133322.jpg


b0239629_6141330.jpg


b0239629_6145259.jpg


b0239629_6152989.jpg


 たくさんの生徒が目隠しをして棒を動かしながら歩く・・・
b0239629_6162296.jpg

 これ、日本のすいか割りのようなゲームでした。

 ただ、参加する子どもはごくわずかで、ほとんどの子は見て楽しんでいる感じです。クイズ大会やスピーチは成績の良い子が、運動系もある程度できる子だけが出場しているようで、日本のように全員が何か一つに参加する・・・という習慣はないようです。能力が勝敗を左右しない、誰でも参加できるカリキュラムがあるといいのになぁと思います。


これは何でしょう・・・
b0239629_617268.jpg

高飛びのバーです。日本とは違って、先におもりをつけた紐をこの釘にひっかけて飛んでいました。安全面から言うと・・・・ 絶対アウトだと思います(^^; 着地するのももちろん砂地。それも、どこかからか急遽持ってきたような砂が敷いてあるだけで、周りで見ている子もなんと近いこと。これで怪我人が一人も出ないのですから、ネパール人の身体能力・危険回避能力に感心するばかりです。このコロコロは・・・
b0239629_6183828.jpg

なんと砂地を整地するためのトンボの役目のです(^^)

 今日はネパール中がストライキの影響でバンダ(休日)になったのに、カリキュラムがあるからと学校は通常通りでした。授業だったらもちろんバンダだったようです(^^;金曜はキャラバンのため見ていないのですが、少なくとも昨日と今日は10時から延々と続くこのカリキュラム・・・ 時間設定がしてあるわけではなく、場所が空いたら始めるって感じで・・・いきあたりばったりと感じてしまうのは私だけのようです(^^; 明日の創立記念行事はどうなるのでしょう・・・
[PR]
by yuka151a | 2011-12-19 20:08 | JOCV