青年海外協力隊の小学校教諭として、Nepalで活動しています。Nepalの生活、学校の様子などを記していきたいと思います。


by yuka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

教育キャラバン

 以前にも書いたことがあるのですが、JICA Nepalではキャラバンと呼ばれる活動があります。これは複数のボランティアでグループを作り、各地を巡回しながら啓発活動や授業をする活動です。

 昨年に引き続き、4日間の教育キャラバンに参加してきました。カトマンズより南東に位置するジャナクプルという地域を訪問し、日本語・理科・算数・HIV教育・手遊びを指導する内容です。私は算数の「分数」を指導しました。これは昨年度も行った内容なので、授業の流れは十分頭に入っているのですが、この地方、マイティリー語を母語としているそうで、ネパール語が通じないとの情報を聞いていたので、そこについてドキドキでした。
b0239629_0195622.jpg

 でも、行ってみると子どもたちはネパール語をしっかり理解できていましたので、楽しく授業をさせてもらうことができました。
b0239629_0205465.jpg

 外国人がなかなか訪れない地域のようで、4つの学校を訪問したのですが、どこでも大歓迎を受けました。イベントとしてではなく、日本の授業の進め方、教材を使って分かり易くする授業のモデルとして見て欲しいという願いが、正しく伝わっているのか、伝わっていないのか… でも、子ども達が1時間の授業でしっかり活動し、本時のねらいを達成する様子を先生達も見ておられましたので、何かしら感じてもらえたのではないでしょうか。
b0239629_0213472.jpg

 さて、ジャナクプルは、2~3世紀頃に古典サンスクリット語で書かれた『ラーマーヤナ』という長編物語の主要舞台のひとつでもあり、主人公のラーマ王子とシータ王女の結婚が執り行われた都。今も王子と王女の結婚を祝う祭が毎年行われていて、ネパール全土はもとよりインドからも多数の巡礼者が訪れる所だそうです。
b0239629_0222722.jpg

 インドに近いタライ地方だからか、シータを祀るジャナキ寺院は、ネパールの寺院とは少し違った雰囲気がありました。すぐ側のラム・ジャナキ結婚寺院も訪れましたが、ご利益は期待してません(^^;

 そして、この地方で生まれた民族芸術であるミティラー画。
b0239629_023796.jpg

 ピカソがその芸術性を高く評価したというのも、なるほど頷けます(^^;自然界に存在するものを絵のモチーフとしていて、農村の生活が反映されています。実はこれらの絵は、この地方に住む女性達が家の壁に、日々の祈りを形に表すものとして描いていたものなのだそうです。
b0239629_0234647.jpg

 そして、ジャナクプルはネパール唯一の鉄道が走る所です。ここから列車に乗ればインドまで行けるのですが、外国人はこの鉄道で国境を越えることはできないのだそうです。朝7時と夜7時にしか列車が通らないそうなので、線路といっても地域の人が自由に通れる道になっています。

 実はこれ、動いている列車。出発してすぐはスピードがないので、こんなに近くを歩いても全く危険を感じません。
b0239629_0243114.jpg

 列車の中はといいますと… かなり硬そうな椅子です。
b0239629_0251686.jpg

 一応、ファーストクラスというものも存在するようですが、日本のそれと比べてはいけません。
b0239629_0254338.jpg

 この親子は前の日に行った文房具店のご主人と息子さん。ネパール人は一度会ったら「チネコ=知り合い」という間柄ですので、すっかり知り合いのように声を掛けられてしまいました。今から、インドに向かわれるとのことでした。
b0239629_0263075.jpg

 この線路の先が他の国に繋がっている…島国である日本では、決して味わえないものです。
b0239629_027019.jpg

 さてさて、自転車に乗る少女達。身体より随分大きな自転車なので、ハンドルとサドルをつなぐパイプの下に身体を入れてこいでいます。
b0239629_027471.jpg

 そういえば、私の母も小さい頃はそうやって乗っていたと聞いたことがあります。万国共通の、子どもが生み出した知恵なのかもしれませんね。
[PR]
# by yuka151a | 2012-12-06 23:12 | JOCV

モルディブより

 モルディブの同期隊員がネパール旅行にやって来ました。ギリギリまで連絡が取れず、会えるかどうかも心配だったのですが、ちょうどカトマンズにいる時だったので、食事&パタン観光をすることができました。
b0239629_18144317.jpg

 モルディブは宗教上の問題でお酒が飲めない!観光地なので物価が高い!日本食はない!とのことで、日本料理屋さんで焼き鳥や寿司、日本酒などに舌鼓(^^)
b0239629_1811658.jpg


b0239629_18114471.jpg

  パタンでは、ネワール建築の家にお邪魔させてもらったり、職人さんの作業風景を見せてもらったり、ネワール料理のウォーやチャタモリを食べたりしました。
b0239629_18121380.jpg


b0239629_18125291.jpg


b0239629_18132225.jpg

 パタンのクマリの館にも初めて行き、クマリにティカをしてもらいましたが、クマリの表情が沈んだようにも見え、少し複雑な気持ちになりました。クマリを選ぶのはネパールの伝統として守られているものでしょうし、クマリに選ばれるのは家族や本人にとって名誉なことでもあるのでしょうが。
b0239629_181354100.jpg


b0239629_1814156.jpg

 ちなみに、カトマンズのダルバールスクエアーのクマリの館では写真厳禁です。
[PR]
# by yuka151a | 2012-12-02 17:10 | JOCV

ソーラー温水器が・・・

 私の家は、村では珍しくホットシャワーがついています。1年前に大家さんがソーラーの温水器を取り付けたので、シャワーの蛇口と洗面台ではお湯を使うことができるのです。配管の仕組み上、4・5階だけだそうですので、3階に住んでいる人が時々、バケツを持ってお湯を取りに来ることがありますが、基本、大家さん一家と私だけが使えるように取り計らってくださっています。

 が、このシャワーの蛇口が数ヶ月前からガタガタしていて、一度、夜中に廊下まで水が溢れる大洪水になりました。壁の中にある水道管と蛇口のジョイントがきちんとできていないらしく、隙間から水が漏れていたようです。修理屋さんを呼んだのか、ご自分で直されたのか、白いテープのようなもので補修されていたのですが、今日、それがまた壊れてしまいました(--; 私がシャワーを使った直後だけに、少々申し訳ない気がするのですが、これって使い方の問題ではなくて、もともとの管に欠陥があると思うのですが・・・

 大家さんを呼ぶとすぐに来てくださったのですが、壊れたのが2回目だったからか、あっけなく蛇口を外して、お湯が出る管を塞いでしまいました。つまり水しか出ない・・・ ショックです。修理しながら、大家さん夫婦が大声で喧嘩されていたので「直して欲しい」とは言える雰囲気でもなく・・・ 家賃を取り決めたときにはなかった物ですから、契約違反でもなく… 地方隊員のほとんどは水シャワーで生活しているネパールですから、私も水を浴びて頑張りなさいということなんでしょう。

 とはいえ人間、一度甘い生活をしていたら、苦しい生活にはなかなか適応できず… なんとか洗面台の蛇口を使ってシャワーできないかと思案しているところです(^^;
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-22 04:55 | 文化・生活・食べ物

休み明け

 やっと、やっと学校再開です(^^)

 ダサイン・ティハールは、ネパールの皆さんにとっては大切な行事で、楽しい祭でもあります。
日本でいうお正月のようなものですから、今日の学校も、冬休み明けのような雰囲気でした。

 宿題を競うように出してくる子もいれば、おばあちゃんの家に行っていたから、宿題をやっていないという子もいますし、新しい服を買ってもらったことを嬉しそうに話してくれる子もいました。
このあたり、万国共通なのでしょうね(^^)
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-20 21:52 | 学校・子ども

ラフティング

 ネパールの行事の一つであるティハール。

 光の祭典といわれるだけあって、家や店の前にジリミリ(ライト)やロウソクが飾られます。
富と繁栄の女神を家に迎え入れるプジャ(お祈り)のため、玄関前には家への道を示した足型が
描かれたり、光の道がつくってあったりします。
b0239629_1743123.jpg

 ティハール休暇をつかって、ラフティングに行ってきました。今年は、同期隊員が活動するパルバット郡から出発するカリガンダキ川を流れる2泊3日の行程で、宿泊は川岸でのキャンプ泊です。
b0239629_17434824.jpg

 ラフティングですから人がボートに乗るのはもちろんなのですが、なんと荷物も一緒にボートに乗せます。防水用のバッグに入れてしっかり固定するものの、本当に水漏れしないのかとか、中身が衝撃で壊れないのか結構心配でした。カメラも生活防水程度だと怖くて使えません。ということで、今回はラフティング中の画像はありません(^^; 同行したカメラマンさんが撮った動画がありますので、帰国後に機会があればということで。

 初日は午後3時間弱のラフティング。今年はティハールが少し遅めなので、水が冷たいのでは…と心配していたのですが、はい冷たかったです(^^; 岩場の近くなどを流れると、嫌でもボートに水がかかってきて濡れてしまいます。ラフティングだからそれはもちろん覚悟の上なのですが、日向でボートをこいでいる間は大丈夫でも、日陰が続いて風が吹くと、ただただ寒い。お茶目なインストラクターさん達は、わざとボートから川に引きずり込もうとされるので、休憩中も周囲をキョロキョロしておかなくては大変なことに(^^;それが楽しみ!というメンバーもいますが、ここで風邪はひきたくないわけでして。

 夕方、川岸に到着した後はティータイム&食事の準備です。さっきまでボートを操っていたスタッフのみなさんが、あっという間にコックさんに大変身!ちょっとお手伝いでも…と始めてみたものの、手際が悪くてかえって迷惑だったのか「スープができたから、あっちに座って飲んでいてください」と言われてしまいました(^^;
b0239629_17461540.jpg

 日が暮れてくる中、ヘッドライトの明かりを頼りに、夕食を作ってくださいました。
b0239629_17464381.jpg

 2日目は午前も午後もラフティング!
b0239629_17474910.jpg

 3度の食事もスタッフさんの手作り料理を川岸で食べます。
b0239629_17472033.jpg

お皿はセルフで洗うのですが、いくつもの洗面器を並べ、下洗い、洗剤洗い、仮すすぎ、すすぎ…
少ない水で洗える工夫もしてあります。
b0239629_17481574.jpg

 こちらは夜のためのロウソク。ビニール袋に砂を入れただけなのですが、これがなかなか幻想的な雰囲気になります。明るいうちに、各テントの前に設置してくださいました。
b0239629_17485042.jpg

 さて、この日はティハールのバイティカと呼ばれる日。女性の守護力を男性に与える意味があり、姉妹が兄弟へ祝福のティカ(額につける赤い粉)を贈ります。ラフティングスタッフの方のお姉さんが近くに住んでおられて、私達も祝福してもらいました。
b0239629_17493014.jpg


b0239629_17502059.jpg

 そうする中も、調理は着々と進みます。
b0239629_17505346.jpg


b0239629_17512072.jpg


b0239629_17514230.jpg

 キュウリ、玉ネギ、ニンジン、ダイコンのサラダも、なんとこんなに綺麗な盛付です!
b0239629_1753943.jpg

最後の夜ということで、小さいですがキャンプファイヤーもして、食事したり、ダンスしたり(見たり)、お酒飲んだり… 
b0239629_17543461.jpg

 今回は、他の国の旅行者とも一緒のツアーだったのですが、英語でのコミュニケーションにはかなり課題があり、身振り手振り、四苦八苦で会話を楽しみました(^^;

 ネパールは雪山が多いので、春先がラフティングのベストシーズンだそうです。
 トレッキングもお薦めですが、ネパールに来られる際は、ぜひラフティングも!
b0239629_1755911.jpg


b0239629_17563141.jpg

[PR]
# by yuka151a | 2012-11-17 22:42 | Nepal
 ネパールに在住の日本人の方の紹介で、カトマンズ盆地内の学校を訪問してきました。以前、JICAボランティアがいたこともあるらしく、職員室に算数セットが置いてあり「またボランティアに来てもらえないのか」と質問されてしまいました。

 このクラスは朝の会のような時間に、当番の子が前の日の出来事をみんなの前で話します。その話に関係することを、他の子ども達が質問して、さらに話を膨らませるという活動を毎日続けておられました。
b0239629_4441635.jpg

 算数の時間は少人数のグループをつくり、小さなブロックを操作させて数を教えておられます。
b0239629_44446100.jpg

 自分の手でブロックを動かしながら数を数えるという日本では当たり前の学習ですが、ネパールでは子ども達が操作する活動はほとんどありません。
b0239629_445860.jpg

 ボランティアがいたのは随分前のようですが、指導法はしっかり残っていることに感心しました。
 児童の作品も丁寧に掲示されています。ネパール独特の絵など、参考になるものもありました。
b0239629_4455555.jpg

 こちらは3年生。ものさしを使って図を書くよう指導されていて、子ども達の字も丁寧でした。
b0239629_4462061.jpg

 どこの国の子どもも、必要なことをきちんと指導すれば、やり遂げる能力は備わるものです。指導することの重要性を改めて感じた場面でした。
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-11 22:43 | 学校・子ども
 カトマンズ市内の学校でタリム(研修会)をしました。この学校は、帰国された隊員が活動していた学校で、先月に続き2度目の訪問、日本でいう幼稚園年齢のクラスを担当しておられる先生方に、算数の指導法を指導するタリムです。
b0239629_4272332.jpg

 今日は、算数を指導するにあたって、数そのものの概念を身につけさせる必要があることや、位取りに繋がることを考えて指導する重要性を話したあと、お金の模型を使った遊びの提案をしました。いわゆる「お店屋さんごっこ」です。
b0239629_426368.jpg

 ネパールでは1・2ルピーのコイン、5・10・20・50・100・500・1000ルピーのお札が使われています。10進法を教えるために、1ルピー・10ルピー・100ルピーのお金のおもちゃを作り、お店の人、お客さんを演じながら買い物をし、おつりの計算をしたり、どのお金を出さなくてはいけないかを考えたりすることで、身近なことから学習に繋げられることを話しました。小さい子達ですから、お店の人への話し方や、おつかいの仕方も学べると提案すると、先生達も大きく頷いておられました。
b0239629_4275233.jpg

 1人に20ルピーずつ配り、ジャンケンで勝ったら相手から1ルピーずつもらえるというゲームをしたところ、先生達が盛り上がる、盛り上がる(^^)1ルピーが10個集まったら10ルピー札に両替するルールなどをつくり、10進法につなげることを理解してもらいました。

 隊員さんが帰国したのは3月ですから、もう8ヶ月経っていますが、先生達は毎月最終金曜日の午後、こうやって研修会を開いておられます。この意欲、残念ながら地方の学校では余り見られません。都市部と地方の差なのかもしれません。同じ国内で、今後さらに差が広がっていくのではと心配になってしまいます。
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-09 22:12

巡回指導 7校目

 山の家で迎えた朝。霧が深くて、午前11時頃までは陽がささないガジュリですが、ここは霧よりも高い位置になるので、日の出とともにサンサンと陽差しが降り注いでいます(^^)
b0239629_3444470.jpg

 この家は農家さんで、お父さん、お母さんは朝から畑に出かけているため、朝食の支度をするのは子ども達。畑からとってきたばかりのサーグ(青菜)や野菜を切って、手際よく準備をしています。
b0239629_3453752.jpg

 この2人は、この家の孫。両親はカトマンズで働いていて、祖父母の家に預けられているのですが、お姉ちゃんがぐずる妹の面倒をよくみていました。激しい喧嘩もしばしばでしたが(^^;
b0239629_346684.jpg

 学校では、日本人がこんな所まで来たと喜んでくださり、校内中を案内してくださいました。
b0239629_3472535.jpg


b0239629_3475321.jpg

 整備された図書室で、図書貸し出しのシステムもしっかり機能しているようでした。
b0239629_348208.jpg


b0239629_3484539.jpg

 飛び込みで2つのクラスの授業をしたところ、やはり「位取り」がネックでした。10進法が理解できていないため、繰り上がり・繰り下がりの計算ができない子がかなりいます。かけ算・わり算も桁が増え、筆算になると繰り上がり・繰り下がりが必要になるため、当然正答は出せません。基礎をおろそかにしてはいけないことを改めて感じます。

 授業後、職員室で先生達に「低学年でおさえるべきこと」「位取りの重要性」を話していると、中・高校生に指導する先生方も耳を傾けてくださいました。学校全体で課題を考え、取り組むことが必要なのですが、系統立てた繋がりはあまり重要視されておらず、個人任せになってしまっています。低学年でわかっていないと、上の学年でわかるはずもなく・・・ 根深い課題です。

 山道を歩くと牛に出会いますし、遠くにヒマール(雪をかぶった山)が見えます。
b0239629_3492574.jpg


b0239629_3494139.jpg

   のどかな村の雰囲気に癒された2日間でした。
b0239629_3495874.jpg

[PR]
# by yuka151a | 2012-11-07 21:07 | 学校・子ども

巡回指導 6校目

 ガジュリからバスで10分、バスを降りて山道を1時間半登ったところにある学校に行きました。
b0239629_2495690.jpg

 ここの1年生は担任制で指導しています。担任の男性の先生は、いつも熱心にタリム(研修会)に参加しておられる方です。それも定時に!ネパールで時間に正確な方は奇特です(^^;
b0239629_2504014.jpg

 タリムで作った教材も教室に掲示して、しっかり使ってくださっていました。授業の進め方も、子ども達を一人ひとり指名されていて、理解度をチェックしておられる様子でした。
b0239629_2521542.jpg


b0239629_2533350.jpg

 ただ、1年生が30数名いるため、指名されない子どもが遊んでしまったり、寝てしまったり(^^;グループをつくって発表させたり、発表した数でポイントをつけたりする方法を話したら、すぐにノートを持ってきてメモされるところが素晴らしいです!

 明日さらに上の学校に行くので、今日は近くの家に泊めてもらうことにしました。
b0239629_2543766.jpg

 さっそく宿題?とノートを覗くと学校で借りてきた本の好きな詩を写していました(^^) 
b0239629_2555571.jpg

 山の上も計画停電があるので、宿題は明るいうちに済ませる習慣が身についているようです。
自然に適応した生活ですね。
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-06 20:25 | 学校・子ども
 ガジュリのみなさんとハイキングに行ってきました。ネパールでは、すぐ近くの広場に集まって1日踊ったり、歌ったり、食事をしたりすることをハイキングと呼びます。去年は、学校の先生達と学校のすぐそばでハイキングをしたので、気軽に「行く!行く!」と返事をしたのですが、よく聞くとバスをチャーターして出かけるとのこと。それも集合が2時・・・夜のです(^^; とはいえ、そこはネパール時間で、出発は4時。もう1時間寝れたのに・・・と私は思うのですが、久しぶりの遠出で、みんなウキウキしていました。

 着いたのはヘタウダという町にある公園。
b0239629_283079.jpg

 ワニやサルがいる動物園ゾーンがあったり、観覧車、メリーゴーランドのある遊園地ゾーンもあり、楽しい1日を過ごしました。
b0239629_29209.jpg


b0239629_29567.jpg


b0239629_2103840.jpg


b0239629_2205650.jpg

 日本の観光地によくある、首から下だけの像。ネパールにもあるんですね。
b0239629_21246.jpg

 この二人の女の子は、パン屋さんのウルミラさんとサンタさんの娘達。
b0239629_2213353.jpg

 初めは観覧車に乗ったのですが、あまりの高速回転であっという間にリタイヤ(^^;
少々泣きそうだったのですが、メリーゴーランドでご機嫌になりました。ネパールの観覧車は、私もちょっとゴメンなさいです。
b0239629_2221731.jpg

 ウルミラさんの娘さんは、将来日本に留学したいのだとか。
 ぜひ実現して、日本で会えるといいなぁと思います。
[PR]
# by yuka151a | 2012-11-05 20:00 | Nepal